エアコンつけっぱなしは身体大丈夫?エアコン壊れる?火事にならない?

SPONSORED LINK

エアコンの「つけっぱなし」について
色々と気になるところがあります。

電気代のことだけを考えれば、
「つけっぱなしにした方が安い」
というのはよく聞きます。

ただ、つけっぱなしのエアコンでは、
身体の健康面で不調が出たり、
エアコン自体の寿命が短くなってしまう
というのが、とても心配なのです。

最悪、負荷がかかり過ぎて、
室外機から火が出たりなんていうことになれば、
大変な事態になってしまうのは間違いないですよね。

今回は、
エアコンをつけっぱしにすることで起きるメリットや、
反対にデメリットなどについて調べてみました。

健康面から本当に電気代はお得なのか?
ということまで、
紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

効率の良いエアコンの使い方
なんていうのもご紹介したいと思います。

エアコンつけっぱなしで体への影響は?

暑い夏に寒い冬、
どちらの季節においてもエアコンというのは、
もはや必須の家電となっています。

オフィスにエアコンがないというケースはほとんどなく、
自宅でも1部屋に1台エアコンが付いているという状況です。

そういったエアコンですが、
24時間快適な環境を維持しようと考えたら、
やはり「つけっぱなし」ということになるかと思います。

夏でも冬でも
年中、エアコンがつけっぱなしというケースも、
決して珍しいものではありませんが、
問題は「身体へどのような影響が出るか」ということです。

エアコンによる身体への影響というのは様々あり、
どれも見逃すことが出来ないものばかりです。

そこで、
エアコンをつけっぱなしで身体にどんな影響が出るのか、
紹介したいと思います。

1.乾燥による肌荒れ

夏でも冬でも同じことが言えますが、
エアコンをつけっぱなしにすることで、空気が乾燥します。

ジメジメした梅雨の時期であれば、
カラっとして良いのかもしれませんが、
特に冬場は「乾燥しすぎている」という状態になります。

この乾燥ですが、
身体から必要な水分まで奪うことになるため、
確実に肌へのダメージを蓄積させていきます。

喉や目などの乾燥であれば
自分である程度は気づくことが出来ますが、
肌の乾燥となるとなかなかそうはいきません。

そうこうしている間に、
肌へのダメージが蓄積され、
最終的には肌荒れなどに繋がることとなるのです。

このような状況を生み出さないためにも、
エアコンをつけっぱなしにする時は、
出来るだけ乾燥対策をすることです。

まずは、
部屋の湿度を高く保つための努力をすることが大切です。

濡れタオルを干す、
ぞうきんなどで拭き掃除をする、
コップに水を入れておく、
加湿器を用いる、

などすれば、ある程度の乾燥は防げます。

部屋の乾燥を防ぐ対策を実施した後は、
肌への保湿クリームを塗ったり、
マスクをすることも大切です。

自分が乾燥するのを防ぐための対策を講じることで、
より乾燥対策は強固なものとなりますので、実践しましょう。

 

2.血液の循環が悪くなる

これは特に夏に限ったことになりますが、
夏はエアコンによって、室内を冷やすことになります。

それが快適な温度であれば問題ないですが、
設定温度次第では「冷えすぎていて寒い」という人もいるでしょう。

女性の多くは、
職場などで夏は寒い思いをしているケースが多いですが、

これは男性に比べて筋肉量が少なく、
生み出す熱が少ないためだと言われています。

しかし、
ほとんどの場合、
男性の都合によって調整されることが多い温度設定ですので、
夏にも関わらず寒い思いのまま、
身体をどんどん冷やすことになるのです。

身体を冷やし続けた結果、
待っているのが血液の循環不良であり、
身体の中で上手く血液が流れないことから、
冷え症なども発症することになります。

もちろん
内臓機能の不調にも繋がるため、
胃腸の調子が悪くなったりということも症状として表れるケースがあります。

このように
夏のオフィスにて、冷やし過ぎというのは、
様々な弊害を生み出す可能性があります。

出来れば
誰もが寒い思いをすることがない温度設定が好ましいですが、
難しい場合は、
ストールを羽織るや少し上に着るなどして、対策したいところです。

 

3.「自律神経失調症」の発症

夏でも冬でも、
エアコンによって室内を快適な環境にすることが出来ます。

しかし、
室外に出れば、もちろん冬は寒く、夏は暑いという状況になり、
その時、室内と室外には大きな温度差が生まれることになります。

この温度差に身体を慣らすため、
自律神経の働きによって調整するわけですが、
調整を繰り返すことで、機能に影響を及ぼすこととなり、
神経がダウンしてしまうのです。

これが自律神経失調症と呼ばれる症状で、
これによって、
身体の様々な機能の部分において不調が出てしまうことになります。

自律神経失調症にならないためには、
やはり室内と室外で寒暖の差をあまりつけないことです。

エアコンを使いすぎるのではなくて、
適度な温度に保ち、
夏はしっかりと汗をかき、
冬は寒さ対策をしっかりと行いたいところです。

エアコンをつけっぱなしにすることで、
こういった症状が考えられます。

他にも乾燥によって、
風邪や冬場のインフルエンザにかかりやすくなったり、
冷えから肩こりなどに悩まされたりということもあります。

過度なエアコンの使用は快適かもしれませんが、
度が過ぎると、
身体に何かしらの変調をもたらしてしまいます。

そうならないように、
温度は適度に保つなど、
使用する上での工夫を取り入れたいですね。

 

エアコンつけっぱなしでエアコン壊れないの?

エアコンをつけっぱなしにする上で、
身体への影響というのも心配ですが、
同様にエアコン自体が壊れないのかというのも、また心配なところです。

通常、エアコンは寿命が10年程度と言われています。

一般の家庭での使い方で10年ですから、
つけっぱなしとなれば、この寿命は更に短くなります。

その期間としては、5~6年程度と言われており、
おおよそつけっぱなしで
これぐらいの期間、使うことが出来ればまずまずです。

ただ、どうせ使うのであれば、
出来るだけ長く使いたいと思う人がほとんどでしょう。

そこで、
「エアコンを少しでも長く使う方法」ですが、

何より重要なことは、
エアコンに余計な負荷をかけないということです。

つけっぱなしにより、
エアコンには常に一定の負荷がかかることになりますが、
エアコンを始め、
家電などの機械はこの負荷によって壊れることとなります。

そのため、
長く使うためには、使用上かかる負荷以外の、
余計な負荷をかけないということが大切なのです。

では、具体的にどのようなポイントで
エアコンに負荷がかかってしまうのかご紹介します。

 

1.フィルターの詰まり

エアコンは室内の空気を循環する中で、
フィルターを通してホコリなどをキャッチしています。

そのため、
室内へと供給される空気は綺麗なわけですが、
その変わりに、
フィルターにはどんどんとホコリが溜まっていきます。

このホコリがたまり過ぎると、
空気の流れがスムーズにいかず、
負荷がかかってしまうことになるのです。

そこで、
エアコンを長く使いたいのであれば、
このフィルターの掃除をこまめにすることは
とても大切なこととなります。

フィルターをいつも綺麗に保つことによって、
冷房も暖房も効率良く行えるようになるため、
経済的でもあるのです。

 

2.室外機への負荷

エアコンは、
室内の空気掃き出し用の装置と、
外に置く室外機というのがセットの機械となっています。

室内の空気を室外機を通して、
冷やしたり、暖めたりすることによって、
温度を調整しています。

そのため、
エアコンを長く使いたいのであれば、
室外機についても、気を配らないといけません。

よくあるケースが、
室外機の上に何か物が置いてあったり、
室外機のファンの掃き出し口の前に障害物が置いてあるというケースです。

このような場合、
室外機にも負荷がかかってしまうことになり、
熱交換する以外の負荷が発生していることになります。

もちろん、
こういったことは寿命にも大きく影響しますし、
エアコンを使う上で非効率的だとも言えます。

室外機の上や周辺には物を置かない
というのを心がけるようにしましょう。

 

3.配管の詰まり

エアコンをよくよく観察すると、
いくつか配管が通っており、
その配管を通して、気体や液体のやり取りをしています。

屋外には、
凝縮した水を吐き出すための配管も出ていますが、
エアコンを使う上で注意したいのが、この配管です。

設置の状況や長い年月に渡り使うことによって、
この配管に詰まりなどが出てくるため、
水が流れにくくなってしまうのです。

それをそのまま放っておくと、
いずれ水がまったく流れなくなり、
最終的に「室内の機械から水が流れ出てくる」ということになります。

もちろん
本来、出るはずのないところから水が出るということは、
それもまた機械にとっては、
負荷となってしまいますので、寿命が縮むわけです。

 

このように
エアコンをつけっぱなしにすることで、
こういった負荷がかかることになります。

つけっぱなしにすればするほど、
こういった負荷が発生するリスクが高まるため、
出来るだけこまめにメンテナンスをしたいところです。

定期的に期間を決め、メンテナンスをすることで、
エアコンへの余計な負荷を減らし、壊れるリスクを下げましょう。

 

エアコンつけっぱなしで火事にはならないの?

エアコンをつけっぱなしにすることで、
「壊れるリスク」というのは理解出来たかと思いますが、

もう1つ気になるのが、
火事にはならないのかということです。

特に冬は暖房で部屋を暖め続けるなどしていれば、
いずれ火事になるのではないか
と心配になってしまいますよね。

結論から言えば、
正常な状態でエアコンを稼働しているのであれば、
エアコンによって火事が引き起こされるということはありません。

特に高温部分という箇所もありませんので、
安心して使用出来ます。

しかし、
これはあくまで正常な状態で使用した場合のみです。

例えば、
エアコンのコンセント部分にほこりがたまっていた場合は、
このほこりが炭化してしまい発火するという現象があります。

また、電化製品であるため、
何かのタイミングで漏電を引き起こせば、
それが元で発火するというケースも考えられます。

このように
エアコンそのものに問題はなかったとしても、
使用状況に問題があるようですと、
火事のリスクというのは存在します。

つけっぱなしの場合、
そういったトラブルがあっても気付きにくく、
気付いた時には大惨事になっているということもあり得ます。

ただ、あくまで異常時の場合ですから、
日頃からしっかりとメンテナンスを行い、
正しく使えば、火事の心配というのはないと言えるでしょう。

 

実際、つけっぱなしで電気代はどうなの?

エアコンを使う上で
「電気代」というのは非常に気になるところです。

最近は、
省エネタイプのエアコンなども登場しており、
電気代を安く使うことが出来るようになっていますが、
実際、使う上で安く使う方法があるのであれば気を付けたいところです。

そして、
エアコンでよく言われるのは
「つけっぱなしにしたほうが結果的に電気代は安く上がる」
というものです。

実際にエアコンはつけっぱなしのほうが安いのか、
こまめに使ったほうが安いのか?

どちらなのでしょうか?

結論から言えば、
こまめにつけるぐらいであれば、
つけっぱなしにしていた方が電気代は安くなる
ということが言えます。

エアコンに限ったことではないですが、
家電のような電気機器というのは、
スイッチを入れた時が、
一番、電気を使うタイミングなのです。

エアコンは、
スイッチを入れてその後、
温度を設定温度に達するまでフルパワーで動くことになりますが、
ここでの消費電力というのが、いわばMAXです。

そして、
設定の温度になった後は、その温度を保つだけですので、
電気量というのは、それほど使用しないのです。

そのため、
こまめにつけたり、消したりというのは、
実はエアコンの使い方としては、
非常に非効率で電気代がかかる使い方になります。

目安としては、
1日で2回ON・OFFをするぐらいであれば、
つけっぱなしにしておいたほうが安くなる
と考えても問題ないでしょう。

エアコンを使っていて、
2回ぐらいはON・OFFしていたという人は多いかと思いますが、
電気代で損をしている可能性というのは十分にあります。

あくまで目安の話ではあるものの、
このスイッチをON・OFFする回数を頭に入れておけば、
無駄なエアコンの使い方というのは、減らせることが出来るはずです。

ON・OFFするぐらいであればつけっぱなし、
これを覚えておくだけでも、大きな節約効果が得られるでしょう。

 

夏の冷房と冬の暖房でつけっぱなしの差はあるの?

夏でも冬でも大活躍のエアコンですが、
季節によって、つけっぱなしにして差はあるのか?

使用する分には、
夏でも冬でもつけっぱなしに問題はありませんが、
電気代というところでいえば、
「冬のほうが余計にかかる」ことになります。

これはスタート時の温度と関係があり、
例えば、
室温を20℃に保ちたいとして、設定したとします。

夏の場合、
外が30℃であれば、設定温度との差は10℃ですから、
10℃分、エアコンが調整すれば、後は安定稼働状態となります。

これに対して、冬の場合、
外が5℃であれば、設定温度とは15℃の差がありますので、
15℃分、エアコンが調整しなければならなくなります。

この差によって、
どうしても冬は電気代がかさむということになるのです。

 

また、
冬は室外機の霜取り機能などが働くため、
そういった付帯の機能にも電気が使われることになります。

結果として、つけっぱなしにしていても、
夏よりも冬のほうが電気代はかかるということになってしまうのです。

ただ、
あくまで夏と冬の差というのは、
スタート時の差であり、
安定状態に入った後での稼働では
電気代にそれほど差はありません。

 

効率よくエアコンを稼働する方法

By: bark

エアコンのつけっぱなしについて分かったところで、
最後は、効率よく稼働する方法です。

どんなにつけっぱなしにして電気代を節約しようとしても、
そもそもの使い方が非効率であれば、意味がないと言えます。

そのため、
「エアコンを効率良く使うための知恵」
というのは非常に大切なことになります。

では、どんな使い方をすれば、
効率よくエアコンを稼働させることになるのか?

いくつか紹介してみたいと思います。

1.フィルターをこまめにお手入れ

エアコンへの負荷の部分でも紹介しましたが、
エアコンが効率よく稼働させるために
最も大切なことがこちらになります。

エアコンに負荷をかけないということは、
エアコンが効率よく稼働出来るということになります。

特につけっぱなしにする場合は、
ほこりがたまりやすくなりますので、
フィルター掃除を定期的に行ってください。

そうすることで、
エアコンは常に本来あるべき状態で稼働出来るでしょう。

フィルターの掃除は目安として、
2週間に1回の頻度では行いたいところです。

 

2.室外ユニットの周りには何も置かない

こちらも負荷の部分で紹介しましたが、
フィルターの時と同様で、
エアコンに負荷をかけないための措置となります。

室外機は、つい見落とされがちであり、
形状から上に物などが置かれやすいですが、
実はとってもデリケートです。

負荷がかかれば、
それだけエアコンの稼働が非効率となりますので、
上に物は置かないのはもちろんのこと、
周辺も綺麗にしておきたいところです。

例え、雑草や枯れ葉でも
吸排気の妨げになることもありますので、
こまめな掃除なども心掛けるようにしてください。

 

3.室内の空気は循環させる

エアコンを使っていると
温かい空気や冷たい空気を室内に供給することになりますが、
基本的に
温かい空気は上に
冷たい空気は下にいく傾向があります。

これをそのままにしておくと、
室内では空気の偏りが出来てしまうことになり、
なかなかエアコンの機能を実感しにくい状態となります。

そこで効果的なのが、
室内の空気を循環させるということです。

そうすることで、
偏りがあった空気が均一になるため、
冷房も暖房も効率よく行えることが出来ます。

均一にするための道具としては、
扇風機やサーキュレーターが効果的です。

これらを部屋の隅のほうに置き、
部屋の中央に向かって稼働させることで、均一にすることが出来ます。

シーリングファンも設置すると効果的です。

 

4.運転は自動運転に!

エアコンを使う際、
電気代を気にして「弱運転」で稼働させる人がいますが、
これは実は逆効果な使い方になります。

先ほども紹介したように、
エアコンは使い始めが一番電力を使用しますので、
ここでは自動運転を設定し、
設定温度まで最も効率良い稼働を行うのがベストです。

 

5.ON・OFFよりも設定温度で調節

エアコンを使っていて、
暖め過ぎたり、冷えすぎたりしたときに、
止めて調節する人がいますが、
これは使い方としては非効率です。

再度、エアコンのスイッチを入れるときに、
大きな電力を使うことになってしまい、
余計な電気代を発生させているようなものです。

効率的に使うのであれば、
エアコンの調節は「設定温度」で行いましょう。

暖め過ぎ、冷やしすぎのどちらの場合も、
温度設定を調節することで、
余計な電気代を使用することなく調整することが出来ます。

 

6.季節に風向きの調整

先ほど、
温かい空気は上に冷たい空気は下にいくと説明しましたが、
これを利用した風向きというのも大切です。

それぞれの性質を活かした風向きにします。

具体的には、
冬は風向きを下向きに、
夏は風向きを上向きにするという形です。

こうすることで、
空気が自然と流れる形になり、
室内の空気の均一化にも一役買ってくれます。

もちろん
先ほどの扇風機などと一緒に用いれば、
より高い効果を得られるのは言うまでもありません。

 

7.外気からの対策の実施

どんなに室内が快適な空間だったとしても、
外は暑かったり、寒かったりするために
その影響は避けられません。

それであれば大切なのは、
その影響をいかに抑えるかということです。

冬場であれば出来るだけ冷気が入ってこない対策を、
夏場であれば、熱気が入ってこない対策をします。

簡単なところでいえば、
「カーテンを閉める」なんていうのは、

窓ともう1枚、外と中との壁の役割を果たしてくれますので、
エアコンを効率よく動かすためには効果的です。

他にも、
窓に貼るタイプの断熱シートなども売られていますので、
そういったものを貼るようにすると良いです。

 

8.加湿器を利用する

これは冬場に限ったことではありますが、
加湿器を使うことによって、
エアコンを効率よく使うことへ繋がります。

人は
湿度が高いほど、体感温度が高くなりますが、
冬場はどうしても空気が乾燥しがちで、
そのために体感温度も低くなります。

そこで、
加湿器を用いることで、湿度を上げ、
体感温度を高めることで、
エアコンを効率よく使うことへ繋げるのです。

また、
これは冬場の風邪などの対策としても効果的です。

エアコンも効率よく使うことが出来、
風邪などの対策にもなりますから、
冬場ではぜひ取り入れたい方法です。

 

9.外よりも暑いと思ったら窓を開ける

こちらは
夏場にのみ有効な方法ではありますが、

夏場では、室内に空気がこもってしまった関係で、
屋外よりも室内が暑いというケースがあります。

こういったときには、
いきなりエアコンを使い始めるのではなく、
まずは窓を開けて、
屋外と同じ温度にまでしてあげると効率的です。

いきなりエアコンを使ってしまっては、
そこから温度を調整することになり、
無駄な電気代がかかることになってしまいます。

 

このように
エアコンを効率よく使うための方法としては、
いくつか心掛ける点があります。

どれも難しくないことばかりで、
ちょっとした心がけで出来ますので、
そうした工夫でエアコンを効率よく使うようにしましょう。

 

まとめ

生活の必需品ともいえるエアコンですが、
どうしてもその電気代は気になるところです。

しかし、
日頃のちょっとした気遣いで電気代は大きく変わることになり、
思ったよりも高くないと感想を抱く人がほとんどでしょう。

今までとは違ったエアコンの使い方は少し不安かもしれませんが、
つけっぱなしは、
ケースによっては電気代が安くなることを理解し、
出来るだけエアコンに負荷のかけない運転を心掛けてみてください。

それが、最も安く、生活を快適にしてくれるはずです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。