無印良品の家に欠陥!?評判と価格をブログ調査!!後悔した事は??間取り気になる

SPONSORED LINK

無印商品で家を建てられる
っていうのはご存じでしょうか?

様々な日用雑貨などを提供している無印商品ですが、
その無印良品で提供している家というものに
非常に興味があって調べています。

あまり聞いたことがないかと思いますが、
住んでいる人の評判であったり、
建てるまでの値段なんていうのはどういったものになるのでしょうか?

やっぱりこういった評判というのは、
ブログなどを見て、
赤裸々に綴ってある内容が信頼性が高いのかな
と感じたりしています。

今回は、
無印良品で建てられる家について
あれこれと紹介したいと思います。

無印良品の家は欠陥がある!?
評判を調査!!後悔した人はいる!?


家を建てるとなれば、
やはり一生に一度の大きな買い物と言えますので、
それなりに評判だったり、
価格っていうのをあれこれ調べちゃいますよね。

色々と気になることはあるかと思いますが、
その中でも特に気になると言えるのが、
欠陥であったり評判というところです。

何となく宣伝だったり、
CMだったりを見ている分には、
凄く良さそうだけど、

評判はメチャ悪い
というのであれば、選びません。

では、
その無印良品の家の欠陥や評判というところになりますが、
そもそも
無印良品で建てられる家というのは、
シンプルというのが、1つのキーワードです。

日用雑貨などについても、
販売されているものはシンプルなデザインのものが多く、
スッキリした点が魅力だと感じている人も多いはずです。

それが家造りにも活かされており、
欠陥や後悔も
そういった点から来ているケースが多くなっています。

例えば、
無印良品が提供している家の1つ、木の家というのは、
間仕切りがないというのが特徴ではありますが、
そのために「冬は寒い」などの、
室温という点で後悔している方が多いです。

どうしても空間が広くなれば、
空調の効率も下がってしまうことになるため、
仕方がない部分はあるのですが、
オシャレでシンプルな内装は、
欠陥とまではいきませんが、そういった後悔を生み出すのです。

もちろん、
基本的に高い断熱性能を誇っている家ですので、
全てのケースに当てはまるわけではありませんが、
地域差などによって、そのような感想を抱く人もいるわけです。

また、
こういった寒さという点で言えば、
施工レベルも重要なポイントです。

無印良品で家を建てる場合、
直接施工ではなくて、
その地域の工務店などに委託することが多く、
そこのレベル次第で、家の完成度は大きく変わってきます。

主に
欠陥というケースは、
こういった施行レベルで起きることが多く、
設計などの段階で起こることはほとんどありません。

そのため、
施行する際は、どういった業者で施行するのか等、
その業者の地域の評判も含めて確認しておくと良いです。

やはり様々な人が家を建てている以上、
無印良品の家についても、
様々な欠陥や後悔がうまれてしまうことがあります。

ある程度、事前に確認することで
防げる部分はありますが、
特に室内の空調効率などは、
家を建てると決める前には、よくよく確認が必要でしょう。

 

無印良品の家 の価格


無印良品を普段利用する人にとって、
その価格をどう感じるかは様々ですが、

世の中数ある雑貨の中でも、
物が良い反面、
価格は決してお安いとは言えないかと思います。

下を見れば・・・
いくらでもキリがありませんので仕方がないところですが、
家についても同じことが言えます。

現在、無印良品では、
3種類の家の提供を行っています。

それが、
「木の家」・「窓の家」・「縦の家」
です。

それぞれ簡単に特徴を紹介しますと・・・

木の家については、
先ほども紹介しましたが、
吹き抜けを中心としており、
間仕切りを極力なくしたのが特徴の家となります。

間仕切りがないために、中は広々とした空間が広がっており、
家族同士の交流を深めるための家ということが出来ます。

もちろん
その時の生活のステージによって、
間仕切りを設置するなどすれば、
家の使い方を変えることも可能です。

今の自分にピッタリの家に変化させることが出来る家と言えるでしょう。

 

窓の家は、その名前の通り、
様々なデザインの窓を配置した家となります。

その種類や多さによってデザインされた姿はシンプルながら、
非常に洗練された印象を与えてくれます。

また、窓が多いことからも、
家のどこにいても日の光を取り入れることが出来るため、
温かく過ごすことが出来るようになっています。

 

縦の家は、
土地の小さいところに建てられることが出来るように、
細長く伸びたシルエットが特徴的な家です。

この縦の家は、
近年、人気の1つとなっており、
縦の家で3階建の家を建てる人というのが増えてきています。

こちらの縦の家は、
部屋を編集することが出来るという特徴を持っており、
まるで積木を並べるかのように、家造りを楽しむことが出来ます。

もちろん
こちらの縦の家でも吹き抜けが活かされていますが、
しっかりとした断熱構造によって、
温度や空気の質にムラはありません。

縦に長い家ながらも、
快適に暮らせることが可能となっているのです。

 

無印良品で提供されている3種類の家は、
それぞれこういった特徴を持っていますが、

肝心の価格については、
坪単価でそれぞれ80万円程度
となっています。

ただし、
この80万円という数字は、
あくまでオプションや諸経費などを含めての価格ですので、
本体価格だけで言えば、もう少しお安くなる印象です。

ちなみに、無印良品のHPでは、
木の家の価格が、
およそ9m×7.3mで1,800万円程度
と紹介されています。

こちらはあくまで基本のベース価格となりますので、
実際に建てる時は、
ここから当然、変動しますし、土地の価格などもかかってきます。

しかし、
あくまでベースとして捉えておくには、
ピッタリの価格だと思います。

 

無印良品の家 ブログ紹介


自ら無印商品の家について調べる時、
様々な方法がありますが、
住んでいる方や建てることを決めた方のブログを見る
というのは、有効な方法です。

1人の方のブログであれば、
どうしても主観などが含まれてしまうので、
出来れば、複数の方のブログを斜め読みする形で調べてみると、
様々なことが分かります。

そこで、
調べるのに役立つブログを紹介したいと思います。

3つまとめてご紹介!!

 

・決めました。無印良品の家に。
https://soramujihouse.amebaownd.com/

 

・無印良品の家に住んでみた
http://my-home-muji-net.blogspot.jp/

 

・無印良品の家(木の家)に落ち着いたブログ。
https://ameblo.jp/royallook/

 

それぞれ3つとも、
無印良品で家を建てることに決めて、
生活している方々のブログになります。

建てるところから紹介している人や、
生活してからどのようにカスタマイズしていったかなどが、
写真付きで紹介されており、
具体的に生活をイメージすることが出来ます。

もちろん、
イマイチだなという点については、
ハッキリと書いてありますので、
建てる前に知っておきたい後悔や
その他、あんなことやこんなこともしっかりと知ることが出来ます。

無印良品の家が気になる方であれば、
一通り、目を通して貰うことで、
カタログなどからは得ることが出来ない、
生の声を得ることが出来るはずです。

 

無印良品の家 間取り


無印良品の家の間取りですが、
非常に自由度が高くなっているというのが基本です。

建築方法として、SE構法という技術を採用しており、
これにより家を建てた後でも、
自由に間取りを変更しやすくなっています。

例えば、
子供が大きくなるまえは、間仕切りを極力減らし、
子供が大きくなった後は、子供部屋と作り、
巣立っていった後は、
再び間仕切りをなくすといったことも可能なのです。

最近は、
建てた家に出来るだけ長く住みたいという希望が増えており、
そういった要望を叶えるためにも、
間取りの変更が効きやすいというのは、
とても重要な要素になっています。

他のメーカーで建てた家が、
まったく間取りが変更出来ないか
と言えば、
決してそんなことはありません。

ただし、
無印良品で家を建てるのであれば、
この間取りの変更がよりやりやすくなっている
と考えると良いかと思います。

 

無印良品の家 イイところ


無印良品の家について、
様々なポイントを紹介してきましたが、
イイところというのをまとめてみました。

 

○デザインセンスが光る

家だけに限らず、
無印良品が提供してくれる全ての物に共通しているのが、
そのセンスの高さです。

シンプルなデザインながら、
端々に感じられるセンスの良さというのは、
多くの人を無印良品に引きつけている要因の1つです。

これが家にも十分に活かされており、
有名な建築家の監修なども行っていますので、
工務店等で建てた家とは根本的な発想が違うと言えるでしょう。

ただし、
センスが高いというのは、一方で、
住む人を選ぶとも言えることが出来ます。

この高いセンスを保つというのは案外難しいことで、
どうしても、
維持するために手間が必要になってくることも考えられます。

この点については、
高いセンスの家に住むデメリットとも言えるかもしれませんね。

 

○地震に強い設計

無印良品の家は、
SE構造であることは説明しましたが、
この構造は高い耐震設計と断熱性能を保つための構法とも言えます。

構造計算をぬかりなく行うことで、
耐震等級は最高の3となっているわけですが、
家を建てる際に必要となる部材にも1つ1つこだわっています。

例えば、
集成材についてはそれぞれに対して強度試験を行っており、
ボルトなどは経年劣化などによっても緩まない特殊なボルトを使用しています。

こういった隅々まで行き届いた配慮があるために、
無印良品の家は高い耐震性能を誇れることが出来るわけです。

 

○優秀な断熱性能

間仕切りがなく抜きぬけがあるなど、
特徴的なデザインの無印良品の家ですが、
どうしても空調効率が悪くなってしまうという点があります。

どんなにオシャレでも冬寒いなどとなれば、
住みにくいということになりますが、
この点については、高い断熱性能が守ってくれます。

無印良品の家は、
ダブル断熱工法というものを採用しており、
外断熱と内断熱の2つのメリットを兼ね備えた構法になっています。

そのため、
外気からの影響を受けにくく、
中は快適に過ごすことが可能となっているのです。

また、このダブル断熱工法は、
建物の耐久度を向上させるというメリットもあり、
上で紹介した耐震性能へも一役買っています。

家を建てた方の中には、
どうしても寒かったり暑かったりという感想を抱く人もいますが、
家そのものは高い断熱性能を持っていることで間違いないのです。

 

○長期保証も完備

家に住む上で、
予測できない不測の事態というのは様々考えることが出来ます。

そういった不測の事態にも
無印良品では
しっかりとサポートしてくれて保証期間が長く設定されています。

地盤保証などは、
建物の引き渡しが行われてから、10年間有効となっています。

また、建てている際に、
建築業者などが倒産した場合などは、
無印良品が全て保証してくれて、しっかりと家を完成させてくれます。

このように手厚いサポートが準備されているため、
建てる前も建てた後も、安心することが出来るのです。

 

このように
無印良品の家には、
様々なイイところがあります。

他のハウスメーカーと比較しても、
遜色ないメリットとなっていますので、
家を建てる際には、1つの候補としてオススメ出来ますね。

 

無印良品の家 平家はある?


無印良品の家、
吹き抜けがあるなどの特徴から、
どうしても2階建て以上の建屋というイメージが強いかと思います。

しかしながら、
中には平屋が希望という人もいますよね。

無印良品で平屋を建てられるかというと、
結論から言えば、建てることは可能となっています。

もちろん平屋ですので、
吹き抜けなどはありませんが、
平屋には平屋の良さがあり、
無印良品の特徴もしっかりと活きるということになります。

例えば、
子供が独立して、夫婦二人で家を建てる場合などは、
上り下りがない方が楽ですし、平屋で問題ないでしょう。

画像は「無印良品 家具の家」

 

まとめ


あまり広くは知られていない無印良品での家造りですが、
非常にオシャレな家を建てることが出来るのは間違いないでしょう。

センスあふれるデザインは、
住む人を選ぶという一面もありますが、
オシャレな家に住みたいという人には、
絶対にオススメ出来るものとなっています。

価格やサービスなどについても、
他のハウスメーカーと比較して遜色ありません。

全国にはモデルハウスなどの展示も行っているため、
少しでも気になるというのであれば、一度、見に行ってみることをオススメします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.