ベランダの防水工事 費用いくら?自分でDIYできたら安くつくけど…

SPONSORED LINK

多くの家にあるベランダですが、
経年と共に
どうしても防水効果も失われていきます。

そうなると必要になってくるのが防水工事

いったいいくらぐらいかかるのでしょう?

費用だけを考えれば、
DIYでやっちゃうのが良いですよね。

でも、そんなに簡単に出来るものなのか?

気になるところの解説をしたいと思います。

ベランダを防水したい

常に雨風にさらされるベランダは、
ウレタン防水やシート防水などの防水施工がしてあります。

これにより雨漏りがしないわけですが、
この防水施工もいつまでも続くわけではありません。

年が経つにつれて少しずつ劣化していき、
ある時から雨漏りという形で表に出てくるのです。

こうなると
家の内部に雨が侵入しているということですから、
内部から腐ってくるなどの恐れもあります。

そういったことを防ぐためにも、
劣化してきたら防水施工をやり直す
などの工事が必要になってくるのです。

 

ベランダ防水工事の費用

ベランダに防水工事をした場合、
費用はどの程度になるのでしょうか?

防水と言ってもいくつか種類があるので、
それも合せた上で紹介します。

 

① FRP防水

防水性に優れており、
耐久性もそれなりなのがFRP防水です。

費用としては、
一般的なベランダ(4m×1m)で12万円ぐらい
というところでしょうか。

他の施工と比べると少しお高めですが、
長い目で見れば決して高い買い物ではないと思います。

 

 

② ウレタン防水

ウレタンを塗布して、
防水効果を得るのがこの方法です。

費用としては、
一般的なベランダで9万円ぐらいとなります。

FRPと比べると少し見劣りはしますが、
それでも十分な防水施工となります。

 

 

③ シート防水

シート状の防水を敷くタイプの防水施工になります。

一般的なベランダで8万円ぐらいですので、
今回紹介する中では最安値となります。

ただし、やり直す際は、
シートの撤去代が発生することがあり、
この金額では出来ない場合もあります。

その点には注意が必要な防水施工です。

 

効果、耐久性、金額がそれぞれなので、
ご自身の予算に合わせて選択するのが良いかと思います。

基本的な防水性という点においては、どれも問題ありません。

 

 

ベランダ防水をDIYで

ベランダの防水をDIYでやる場合、
「防水塗料」で行うのが一般的です。

それぞれ既にベランダには防水施工がしてありますので、
それに合わせた塗料を選ぶのが大切です。

正しい塗料を選択しない場合、
上手く防水効果を得ることが出来ません。

正しい塗料の選択さえすれば、
塗るのは難しくありませんので、
塗料選びが重要だということを覚えておくと良いでしょう。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください