洗濯物干しを室内天井に!子供部屋に取り付け!おしゃれデザイン

洗濯スペースが足りない!!

ってなことを奥さんに言われまして。

子供が大きくなってきて
ふたりとも保育園に行きだすので
洗濯物が激増してきているのです。

サンルーム(1階)には
2本の室内物干し(ホスクリーン)が付いていますが
広さが3畳ほどしかないので

2階の寝室にナスタのAirHoop(エアフープ)を前回取り付けましたが
それでも足りない状態になってきたのです。

そこで
もうひとつ洗濯物干しを増やすべく
2階の子供部屋に天井から吊り下げる
洗濯物干しを取り付けることにしたのです。

SPONSORED LINK

AirHoop(エアフープ)を再度購入

AirHoopエアフープ
これ、また買いました。楽天で
楽天のショップの中でも
いろいろ見渡してみた結果、
このショップが一番安く購入できます。

通常は一本で販売しているところが多いのですが
このショップだと2本セットで購入でき
その金額になるとここが一番お買い得です。

物干し竿も安価で販売してくれています。

もちろん物干し竿(ランドリーポール)も一緒に購入しました。

AirHoopエアフープ
エアフープ2本セットの中身はこんな感じです。

シンプルなデザインはやっぱりいいですね。

AirHoopエアフープ
ランドリーポールの
ロゴマークもおしゃれデザインであります。

こういった商品、大好きです。

 

子供部屋に取り付け

AirHoopエアフープ
2階の子供部屋
エアフープを取り付けていきます。

ちょうど寝室と窓が隣り合っているところです。
日当たり重視です、やはり。

窓際で光と風を当てないと。

脚立
これは脚立です。

当然、天井に取り付けないといけないので
脚立で手を伸ばさないと届きません。笑

この脚立もデザインいいでしょ?笑

ちょっと高さは低いけど。

下地探し
エアフープ(物干し)を取り付けるので
ちゃんと下地に取り付けないと落下してしまいます。

だからさらに準備しなくちゃいけないのは
下地を見つけるということ。

このアイテムで下地の場所を確認していきます。

これはホームセンターに売っています。

下地探し
下地の探し方も簡単です。

ボタンを押しながら
ゆっくり横にズラしていくと…
下地探し
「ピ!」という音とともに
光ってその下地の場所を教えてくれます。

ちょうど下地とそうでないところに反応するので
左右両方からズラしていけば
下地の「幅」がわかるのです。

AirHoopエアフープ
下地をえんぴつでチェックして
正しい位置に取り付けていきます。

脚立がちょっと低いのでやりにくかったですが
なんとかできました。

AirHoopエアフープ
このキャップを取り付けていきます。

とっても簡単。

AirHoopエアフープ
これを2箇所取り付けました。

平行に
物干し竿(ランドリーポール)の長さに合うように。

AirHoopエアフープ
ポールは長さが3種類あるのですが
中ぐらいの長さを洗濯しました。

このポールも簡単に嵌ります。

AirHoopエアフープ
さりげないロゴマークがいいですね。

目立たないでシンプルにひっそり。

この感じがいいです。

モダンなデザインは信頼が生まれます。

AirHoopエアフープ
物干し竿(ランドリーポール)は
いっぱい伸ばして使える長さのものを選びました。

ここは子供部屋なので
ランドリーポールを使わないときもあるかと思います。

そういうときに
収納するのですが
できるだけランドリーポールが短くなった方が
収納しやすいし
長いとこれまた置き場所に困ります。

いっぱいに伸ばして使える長さを考えて選択しました。

AirHoopエアフープ
壁紙クロスが全部白色なので
エアフープのデザインがマッチしてくれます。

いい感じになりました。

AirHoopエアフープ
洗濯物干しって
こういったデザインのものってほとんどないので
エアフープを作ってくれて感謝です。

寝室や子供部屋にどうしてもってときに
ありきたりな物干し竿だと
生活感がありすぎて
やっぱり落ち着きません。

AirHoopエアフープ
ぱっと見では
物干し竿が取り付けてあるのかわからないぐらい。笑

天井から吊るした一本の物干し竿ですが
これがかなり重宝しそうです。

奥さんにも喜んでもらいました。

物干し竿としては
このエアフープのセットは高額ですけど

それだけの価値は十分に感じられます。

ひょっとしたら
もう一セット購入するような予感もしますが…。

楽天のポイントをいっぱい貯めておこうと
思うのでした。笑

 

Sponsored Links



*