スタッドレスにタイヤ交換する時期。時間かけずに交換する方法。

カーポートがつきました。
だからタイヤ交換は雨でも平気。笑

カーポートができてまだ日は浅いのに
もうタイヤ交換の時期になっちゃいました。

あーそんな季節になったのね。
タイヤ交換の時期は決まって12月。

雪がチラつく時期が今頃。

スタッドレスタイヤに交換しないと
冬の道は安心して走れません。

もちろんタイヤ交換は自分でします。

自分でタイヤ交換するので
いままで何度も失敗してきました。笑

タイヤ交換の作業は慣れたものなので
いかに時間をかけないでタイヤ交換できるかがポイント。

大切な時間を失う事なく
タイヤ交換できないといけません。

ちょっとでも時間をかけずに
スタッドレスタイヤに交換する方法はないものか。

ってことである道具を使う事にしました。

SPONSORED LINK

スタッドレスにタイヤ交換しちゃうぞ

タイヤ交換ジャッキ
ということで
今回タイヤ交換に使った道具は「油圧式のジャッキ」

今までは車に付属している普通のジャッキを使っていましたが
これを使う事で
ぐるぐる回して使うことがなくなります。

油圧式のジャッキなら
数回棒を上げ下げするだけで軽くクルマが持ち上がります。

かなり時間短縮!

ってなことでタイヤ交換開始です。

十字レンチ
まずはクルマを持ち上げる前に
十字レンチを使ってタイヤのボルトネジを少しゆるめておきます。

「少しゆるめる」にはワケがあって
クルマを持ち上げてからボルトをゆるめようとしても
なかなか固くて回らない時があります。

そんな時に無理してチカラ入れ過ぎて
おりゃーっ!て回すと
その勢いで持ち上げられたクルマが
「ドスン!」
と落ちるケースがあるんです。

ジャッキもそんなに安定しているものでないし
ちょっとしたチカラの方向の入り方で
カンタンにジャッキが外れてしまうんです。

これ、過去にボク何回か犯してる失敗なんですヨ…。

だから最初にゆるめて
地面についてる時点でやっておく必要があるんです。

軽くゆるめるだけなら
タイヤには問題ありません。

あと「十字レンチ」はチカラが入りやすいので
おススメですね。

タイヤ交換ジャッキ
ジャッキをクルマのジャッキ用の部分にはめ込みます。
どのクルマにもありますけど
ちょっと潜り込まないと分かりにくい場合があります。

だいたい、このように凸になっています。

ジャッキクルマ
ジャッキにウマくはめ込んだら
あとは油圧式なので
バーを軽く上げ下げするだけでクルマが持ち上がります。

なんてラクなんだ!

ジャッキタイヤ交換
不安定かな?って思うけど
意外としっかり安定してくれています。

タイヤ交換方法
グイグイ持ち上がるので
全然チカラがいりません。

女性でも楽々です。

今まで使っていた普通のジャッキに戻れませんよ。

時短的テク!時短テク!

タイヤ交換

タイヤがこのくらい持ち上がればオッケー。

すぐにこの位置まで上がります。

タイヤボルト
ここでさっき言っていた
ちょっとだけゆるめたボルトを外します。

ゆるめていたおかげでこれもまたカンタンに外すことができるんです。

タイヤ

けっこうサビサビだな…。
ココが錆びない方法はないものか…。

そして交換するスタッドレスタイヤは、
スタッドレスタイヤ
まだワンシーズンしか使っていないスタッドレスタイヤ
溝もまだしっかりしていて
柔らかさがあってまだまだ使えます。

そしてこのスタッドタイヤをはめ込んでいきます。

スタッドレスタイヤ交換
ボルトネジは最初手で軽く締めておきます。

4つとも。

スタッドレスタイヤレンチ
そして十字レンチで締めていきます。

またボクの失敗談ですが
このネジに潤滑油をつけてはいけません!

↓コレですね。

これを濡れば
しっかりと錆び止めでいいんじゃないかって思うけど
これをつけてしまうと
ネジが奥に入り過ぎるんです。

入り過ぎるとどうなるか?

ボルトが折れてしまいます。

グッとチカラを入れた瞬間にネジと一緒にボルトが折れるので
その部分は接合されなくなります。

ボクがこの過ちを犯した時は
折れたままクルマを走らせていました。

高速も普通に走っていました…。

が、これは危険すぎます!
ぜったいにやっちゃダメです。

修理してもらえますが
これじゃタイヤ交換を自分でする意味がなくなります。

だからこういうった潤滑油はつけたらダメです!

タイヤ交換
ジャッキで上げている時にしっかり締めますが
クルマを下げて地面とタイヤが触れてから
もう一度ネジを締め込みます。

もうひとつしっかりと締めることができます。

これを4本行ないますが
この油圧式ジャッキのおかげでかなり時間短縮になります。

特にスタッドレスタイヤに交換する時期は
寒さもキツいので
タイヤ交換時間が短いことに越した事はありません。

時間短縮はするけど
タイヤはしっかりと交換したいですので
これからは油圧式ジャッキでラクしましょ。

【JAFの正しいタイヤ交換】

反対側に車止めは置いた事がないな…。

スポンサーリンク

*