玄関ドア横には無垢材の羽目板。米杉の板張りで格好良く。

SPONSORED LINK

このお家のプランでは
お家全体外壁は総ガルバリウムになっています。

ダークな色でのガルバリウムによる外壁イメージ。

シャープな中にも
玄関は木の柔らかい感じでアクセントを入れます。

これはボクの意見ではなくて
工務店さんの建築士さんのアイデア。

ここの工務店で作られたお家は
けっこうこのような感じのものが多いのです。

スポンサードリンク
[adsense size=”rect” unitid=7627947053]

玄関ドアの横には無垢の羽目板。

玄関 無垢羽目板

けっこう早い段階でこの羽目板がつけられていました。

この無垢材は米杉。
ベイスギは、木材自体の保存性は非常に高いそうです。
比較的軽くて軟かい木材。
加工は簡単ですが、強い木材ではないとのこと。

米杉は、耐久性が高いので
アメリカのある部族のインディアンの人々は、
この木材を使って、トーテムポールを作っているようです。
Totem pole

なので
耐久性が高いけど、強さをあまり必要としない用途に用いられています。

だから外壁材の「見せる」羽目板としてちょうどいい感じになるのでしょう。

玄関ドアは
リクシルの「ジエスタ」の「C18型」になります。
ここから見れます。

このドアの色はハンドダウンチェリーになります。

だからこの羽目板ともとても相性がいいでしょう。

縦方向の木の木目のドアと
縦方向の無垢の羽目板。

この組み合わせはシンプルながら
きっとガルバリウムの外壁のアクセントとして
とてもいい感じに仕上がると思います。

無機質なガルバリウムに
有機質な無垢の板張りって格好いいと思うのですが。

ちょっと想像するだけで
めちゃくちゃワクワクします。

帰宅するのが楽しみなお家になるといいな〜♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください