ウォークインクローゼット収納例が見たい!上手な収納術は棚がポイントに?

SPONSORED LINK

ウォークインクローゼットの収納例の中でも、
参考に出来そうな写真がたくさんあるサイトをまとめてみました。

上手な収納は
他の良い例をマネることから始まると思います。

上手な収納の方法や、
これから検討している人のために
メリット・デメリットも紹介します。

これでウォークインクローゼット収納上手になっちゃいましょう。

ウォークインクローゼット収納例をチェック!

ウォークインクローゼットの収納例があるサイトを、
いくつか紹介したいと思います。

自分の家のクローゼットを便利にしたい人も、
部屋選びの基準にしようと考えている人も、
とりあえずたくさんの事例を見るのが一番早いです。

ということで、早速、ご紹介。

*Interior-Supple

初心者から上級者まで、
多くの人が参考に出来るのがコチラです。

必要な間取りや、タイプ別による収納例があるため、
自分にピッタリの収納例を見つけることが出来ます。

どれもオシャレな収納例ばかりなので、
見ているだけでも感動ものですね!

 

*NAVERまとめ 収納アイデア術

写真をベースに
1つずつに解説が入っているのがコチラのサイトです。

より日常感が出ているため、
参考にしやすい作りとなっています。

自分の家のクローゼットの悩みなども、
見ていると解消出来そうなヒントがたくさん
ちりばめられています。

 

*folk

ウォークインクローゼットの収納におけるコツ、
便利な小物などもあわせて紹介してあるのが
コチラのサイトです。

自分なりの収納を叶えるヒントがたくさんあります。

こんな小物の使い方が!?って驚く要素が満載です。

 

今回、3つのサイトでクローゼット収納を紹介しましたが、
どこも非常に分かりやすいのが特徴です。

ついつい
倉庫や物置と変わらない状態になりがちなウォークインクローゼットですが、
ここで収納例を学んで、オシャレなクローゼットにしましょう。


 

上手な収納術は

ウォークインクローゼットで上手に収納するためには、
スペースを有効利用することです。

そして、
最も注目すべきスペースは、
ハンガーの下のスペースになります。

ウォークインクローゼットの多くは、
服をかけることが出来るパイプの部分と、
その上に設置してある棚で構成されていることが多いです。

パイプに服をかけると、
空いているのは上の棚と服の下のスペースになりますが、
この下のスペースを利用するのです。

自ら棚を設置しても良いですし、
衣装ケースなどを置いてもOKです。

ここを有効に活用することによって、
ウォークインクローゼットに収納出来る量は、
大きく変わると言えるでしょう。

 

ウォークインクローゼットのメリットとデメリット

メリット・デメリットについてですが、
実際にはこれの感じ方は人それぞれです。

まずは、メリットについてですが、
全ての荷物を1か所にまとめておける
ということにあります。

色々な場所に収納があると、
あれはどこだっけ?となりがちですが、
ウォークインクローゼット1か所に収納すれば、
そういった心配はありません。

 

反対にデメリットとしては、
スペースを広く取るということになります。

ウォークインと言うくらいですから、
中には歩くスペースも必要となりますが、
その分、大きなスペースが必要となります。

新たに家を建てる人であれば、
そのスペースを良しとするかどうかが、
非常に重要なポイントになってくるのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。