塗装はキシラデコールからシッケンズに変更(玄関の無垢羽目板)

最初はキシラデコールのサンプルを見ながら
玄関横の無垢材の羽目板の塗装の色は「カスタニ」に決めていたのです。

しかしその塗装が変更できるとの提案がされました。

スポンサードリンク


塗装はキシラデコールからシッケンズに。

ここの板張りにする部分の色決めは正直けっこう迷いました。

「カスタニ」

にするのか

「チーク」

にするのか。

ほぼこの2択でしたが

外壁が結構ダークな感じになるので
ちょっと明るめの「カスタニ」に迷ったあげく決定していたのです。
DSC08275

しかし、羽目板を貼る前に
工務店の営業さんからシッケンズに変更できるという提案がされたので
そのシッケンズの塗装の特徴を聞くと

まずは塗装が長持ちするということ。

しかし、次に塗り直す時は
素人の自分では簡単に塗れないとのこと。

だから結構、本気な塗料なんですね。

シッケンズのホームページを見るとさらにその特徴は

・強い浸透性
・ごく薄い塗膜を形成
・従来よりも大幅にVOC削減
・比較的低臭
・防腐防カビ剤配合

と書いてあります。

他にもいろいろ調べるとなかなか好評な塗料のようです。

このシッケンズに変更できるというのは
お家を建ててくれる工務店の社長のお宅も新築されていて
ここで使った塗料が余っているからなのだそうです。

塗料の変更に差額はないので
メンテナンスはまた社長に合わせて教えてくれるだろうと思いながら

提案されたシッケンズに変更をお願いしました。

色は「チーク」です。

一見、「キシラデコールのカスタニ」と色の違いは見分けがつきません。

ちょうどこの色を社長宅でも使ってくれてラッキーでした。笑

で、
米杉の羽目板にシッケンズのチークを塗った写真がこれです。
玄関 無垢
(真ん中の電気の線はインターホンだと思います)

素人の目には正直よく分かりませんが
キレイな塗装だと思います。

外の部分なので
どうしても塗り直さなければいけないでしょうが
その辺は楽しみながらできたらいいと思っています。

DIYもいろいろとできるとオモシロいですからね。

さて、玄関ドアがつくのも楽しみになってきました。

Sponsored Links



*