シックハウス症候群の原因物質と対策。新築後,体調不良招かないように

シックハウス症候群にある日、
突然なることはあるのでしょうか?

「原因物質」や「対策方法」が
分かっていれば良いですが…

新築後に体調不良になってしまっては、
気持ちも沈みますよね。

どんなことに気を付ければ良いのでしょう。

SPONSORED LINK

シックハウス症候群とは

シックハウス症候群ですが、
言葉としてはよく聞きます。

ただ、
定義は曖昧なことが多いですが、
シックハウス症候群というのは、
室内空気汚染を原因として、健康障害の総称です。

近年、多く見られるようになってきた症状で、
住宅だけではなく、
学校でも同様の症状が出る
シックスクール
というのも問題になっています。

そのシックハウス症候群ですが、
コレという症状の断定は出来ません。

人によって様々であり、
同じ空間で生活していても、
何ともない人もいれば、
体調不良になってしまう人もいます。

症状がコロコロと変化していくケース
もあります。

そのため
風邪や更年期障害などの診断をされるケースもあり、
シックハウス症候群までいきつかないケースも
多々あるのです。

 

シックハウス症候群の原因物質は?

シックハウス症候群の原因となる物質
についてですが、
住宅の建材から揮発する化学物質だと
考えられている方が多いです。

シックハウス症候群の話には
必ず出てくると言って良いホルムアルデヒドは、
まさにこの建材から出てくると考えられています。

他にも建材からは
防腐剤なども
シックハウス症候群の原因だと考えられています。

しかしながら、
こういった建材から出てくる化学物質だけではなく、
同様に家具から、
さらにはダニ・カビもまた
シックハウス症候群の原因となります。

それ以外にも
住まいが変わったことによるストレスが、
シックハウス症候群の原因になるのでは
とも考えられています。

簡単にシックハウス症候群と言っても
その原因や原因物質は様々です。

 

対策を考える

シックハウス症候群の対策
それでは、
シックハウス症候群だと感じたら、
どのような対策を講じることが出来るのでしょうか?

例えば新築後であれば、
あまり多くを改造することなく
解消したいと思うのではないでしょうか。

そんな時にオススメの方法が、
ベイクアウト法というやり方です。

この方法の考え方は、
どうせ原因物質が出るのであれば、
全部出し切ってしまおうというものです。

揮発性の物質は
温度が上がるほど揮発しやすい
という特性があります。

それを利用して、
部屋を暖め、
揮発物質をあえて出しやすくします。

ある程度、物質が出たところで換気し、
再度、部屋を暖めます。

これを繰り返すことによって、
原因物質を出し切ってしまうのです。

通常、新築後が一番物質が出ており、
時間とともに少なくなっていきます。

そこで最初に出し切ってしまえば、
後は物質がなくなり快適に過ごせるというわけです。

また、
他の方法としては
壁に処理を行う方法もあります。

【シックハウスもうイヤ!】

これは簡単な施行で
揮発性物質を防いでくれる商品です。

壁紙の上から簡単に貼ることができます。

エコカラットは
揮発した物質を留めてくれますので、
シックハウス症候群に悩まされることもありません。

施行が簡単だというのも、
新築後の家を改造するという点では嬉しいですよね。

 

 

 

スポンサーリンク

*