キッチンカウンターの高さで腰や肩の負担に!使いやすい高さとは?

毎日家事をこなすのって
とても大変ですよね。

立ち作業がつづくと
腰や肩への負担も大きく辛いですよね。

少しでも、
腰や肩への負担を減らしたいですよね。

負担の大きさは
キッチンカウンターの高さによって変わるのです!

最適な高さとは一体どの位なのでしょうか。

SPONSORED LINK

最近のキッチンカウンター

キッチンカウンター
最近は
お洒落なキッチンカウンターが増えてきていますし、
素材にも種類があるので
どのようなキッチンカウンターを買うか
迷っちゃいますよね。

そういった中から選び抜いた
自分好みのキッチンカウンターを使用すれば
日々の家事を彩ってくれてるので
楽しくなりますよね!

最近のキッチンカウンターは
見た目だけでなく
機能面でも充実してきていますよね。

高さ調節ができたり、
収納が多く出来るようになってきたり
折り畳みテーブルが付いている
キッチンカウンターもでてきています。

折り畳みテーブルは
必要な時にだけテーブルを出して
使い終わって畳めば
場所もあまりとらないので嬉しいですよね。

キッチンカウンターの
高さ調節ができるのって
便利なだけでなく
身体への負担軽減にも
繋がるってご存知でしたか!?

 

高さでカラダにかかる負担が変わる

キッチン作業で腰痛
キッチンカウンターの高さによって
腰や肩への負担が変わってきます。

というのも
キッチンカウンターが低いと
身体をかがめなければならず、
腰への負担が大きくなってしまい
腰痛の原因となります。

また、
腰痛にならなかったとしても
無理な姿勢を続けていると
身体に疲労が少しずつ蓄積してしまいます。

逆にキッチンカウンターが高いと
今度は腰ではなくて、
肩への負担が大きくなってしまいまいます。

なので、
キッチンカウンターが低すぎると
良いことは何一つありません。

自分に合った適切な高さを知る方法はないのでしょうか・・・。

 

使いやすい高さとは

By: __U___

キッチンカウンターの高さによって
身体への負担が変わってきます。

キッチンカウンターは
使用頻度が高いために
少しでも使いやすい方が良いですよね。

使いやすい高さは
身長によって異なりますが
実はその身長を使って
適切な高さを知ることができる公式?があるのです。

適切な高さを知るための公式は

” 身長÷2+5~10cm ”

となっています。

身長が160cmであれば
160÷2+5~10となりますので
80に5~10cm足したものになるので
85~90cmの高さが良いとなります。

ちなみに
この公式は
人間工学の視点から
導き出されてたものであるために
多くの人に当てはまるかともいます。

この公式の結果を参考に
自分好みのキッチンカウンターを
購入してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに
僕のうちのキッチン
トクラス製のものです。

奥さんの身長が高めなのもあって
多分、一番高さが高いものにしたんじゃないかな?

料理や洗い物の作業も
高さが合っているので
なんの不満も聞こえてきません。

あー、良かった。笑

 
 

Sponsored Links



*