新築一戸建てを購入して後悔したこと。間取り?窓?和室?

新築一戸建てが夢だ

という人も多いと思いますけど、

やっぱり大きな買い物ということで
慎重になってしまいますよね。

後悔はしたくないな
って思います。

そこで、
購入して後悔してしまった方々の内容、
間取りや窓、和室について調べることで、
どんなことに気を付けたら良いのか確認します。

SPONSORED LINK

新築一戸建てのリスク

新築一戸建て、
いわゆるマイホームですが、
夢だという人もまだまだ多いです。

こういった家に住むことが出来たら・・・と思うと、
やっぱり建てたいと思ってしまいますよね。

【こんな家に住みたい!】

千歳烏山にある一戸建ての動画ですが、
広いキッチンに明るいリビング、
お風呂にはテレビまでついています。

様々な機能が揃い、
千歳烏山という立地条件も決して悪くない一戸建て、
建てられることなら建ててみたい
と誰もが思うのではないかと思います。

しかし、
新築一戸建てにはリスクもあります。

・価値がすぐに落ちる
・修繕費や固定資産税がかかる
・近所付き合いが必要

特に
修繕費や固定資産税は
ついつい忘れがちなリスクです。

買ったらはい終わり
というわけにはいきません。

年月が経てば
壊れることもありますので、
必要経費なのです。

 

一戸建て購入での後悔

夢にまで見た一戸建てを購入したけれど、
全てが満足ということは少ないようです。

では、
どういったことが後悔として上げられているのか?

いくつか例を紹介したいと思います。

 

・環境(騒音)

あまり現地に行かず購入を決めてしまい、
建築中もそれほど訪れない場合、
騒音について
悩まされることがあります。

例えば、
近くに軍事基地があった、
大きな工場があった
などした場合、
朝から物凄い爆音も・・・

営業マンさんは
あまり気になりません
と言ってましたが、
それってセールストークだと
気付いた時にはもう遅いなんてことも。

 

・収納

図面で見ると
十分過ぎる収納でしたが、
いざ引っ越しをしてみて
全然足りないことが発覚。

しっかりと
大きさを確認していなかったこと
が原因ですが、
自分が何を持っていて、
どれぐらい収納が必要かは
確認が必須です。

 

・窓

窓をどのようにするかは
家全体の雰囲気を決める大事な要素です。

それと同時に
断熱効果など気を配らないと、
冬は暖房をつけてもつけても寒い
という状況に陥ります。

多少、費用はかさんだとしても、
しっかりと検討し、
良いものを入れておくことによって、
後悔はしません。

 

・和室

リビングの一角に
和室を作ろうとして小上がりを選択。

しかし、この小上がり、
子育ての時は邪魔で仕方がなかったです。

特に子供が動き出すようになってからは
落下の不安が常につきまといました。

小上がりにするのではなくて、
バリアフリーに気を配るべきだったと
後から気付きました。

 

・間取り

理想的な間取りを
テレビで確認してから、
ずっと夢でした。

一戸建ては
理想の間取りを実現しましたが…

テレビで見るのと
使うのは
大違いでした。

実際に生活をイメージしないと
やっぱりダメなんですね。

いくつか実際に
後悔している方の声を紹介しましたが、
様々な後悔があります。

やはり実際にイメージしてみることが
重要なようです。

場合によっては
モデルハウスで確認することが大切かもしれません。

 

後悔しないために

新築一戸建てを購入する際、
後悔しないためには、
やはり
自分の目で足で確認することが大切です。

考えて考えて考え抜く、
足で様々なところを巡り確認する。

そうやって
自分の理想が本当に理想かどうかを確かめる必要があります。

夢の実現は大切なことですが、
後から後悔してみても、
作ったものはなかなか直せません。

事前に
しっかりと気付くようにしたいものですね。

 
 

Sponsored Links



*