ガルバリウム外壁の色を決める。カラー種類もたくさんあるけど…

外壁のガルバリウム鋼板の色を決めなくてはいけません。

しかし
以前に書きましたが
「まちづくり協定」に従って色を決めなくては
ガルバリウムにかかる費用も決まりません。

スタイリッシュな外観を目指す新築のお家は
いったいどんなふうになっていくのでしょーか??
 
スポンサードリンク


ガルバリウム外壁の色

まちづくり協定で断念しなくちゃいけない色は
ボクがイチバンの理想としていた「黒:ブラック」。

黒は屋根ならオッケーですが
壁一面を黒にすることは許されていません。

外壁の色は原色を避け、低彩度の色を基調とした落ち着いた色調とする。

協定にはこのように記載されています…。

そこで工務店の営業さんといろいろ話していって
市役所にどんな色ならオッケーが出るのかを
何回か言って聞いてきます、とのことでした。

同じ黒とかダーク系なら
どこまでの範囲の色ならオッケーなのか。

できるだけ黒に近い色にしたいボクは
なんとかならないかただ祈るばかりな状態でした…。

 

ガルバの色は単色だけではムズカシイ

ボクの理想は外壁が同じ色(理想は黒)で
ココの壁はこの色で
コッチの壁はこの違う色にしようっていうものにしたくないのです。

シンプルかつスタイリッシュな外壁が強いイメージなので
黒がダメなら白一色か
よくありがちだけどシルバー一色で統一するかとも考えました。

でもシルバー一色はダメで
白一色は職人(板金)さんが嫌がるのだそうです。

白のガルバはとてもキズがつきやすくて
ちょっとしたことでもシャッと傷ついてしまう。
相当神経を使うそうですし
そんな簡単にキズがついちゃうならあまり外壁には使いたくないですし…。

同じ色一色でいくなら
じゃ、どの色ならオッケーがでるのか…?

いろいろと聞いてもらってきた結果、
ダーク系の色では

ブラックパールもダメ。

コゲチャもダメ。

ブラウンはオッケー。

ギングロはオッケー。

ということでした。

画像でこれらの色を確認してみると
ニクスカラー1
このブラックパールは
けっこう黒っぽいのでダメだなって思います。
そしてコゲチャもあまり差はナイように感じます。
ニクスカラー2
ブラウンはけっこうな茶色になってきて
ギングロはもう黒ではなくなってきています。
でもこの2つなら外壁に使ってオッケーな色なのです。
 

ガルバリウム鋼板のグレードを上げる

そこで提案されたのが
ガルバリウム鋼板のグレードが上がって
金額も高くなるのですが
ニクス(nics)の「耐摩カラー」というガルバリウムにしてみては。
ということでした。
耐摩カラーガルバリウムグレード
耐摩カラーはちょっと色の種類も違っていて
ここにある「耐摩いぶし銀」という色ならオッケーということでした。

グレードが低いガルバリウムであれば
もうギングロしか選べない感じになってしまいますが
この耐摩カラーのいぶし銀であれば
まだ若干だけ黒に近い感じがあるんです。
いぶし銀サンプル
そしてもうひとつ同じく耐摩カラーでオッケーが出たのは
「耐摩パールブラウン」
ブラウンとほとんど見分けがつきません。
ガルバリウムパールブラウン
でもやっぱり茶色になっちゃうんですよね…。

では同じ耐摩カラーで
他にはどのようなダーク系の色があるのかというと
ガルバリウム耐摩こげ茶
「耐摩こげ茶色」
「耐摩ブラックパール」
「耐摩ブラック」
などなど。
しかしこれらは当然ながらまちづくり協定では通らない色になります…。

せめてこれらの色にできたらな…。
とせつない気持ちがたくさん募りました…。泣

で、営業さんと
実際の耐摩いぶし銀と耐摩パールブラウンのガルバリウム鋼板のサンプルで
外に出して日陰でみたり
日を当ててみたり
いろいろと検証してみました。

営業さんもできるだけボクの理想に近いようにするために
一生懸命に一緒に考えてくれてとても嬉しかったです。

最終的には
実際にその耐摩パールブラウンのガルバリウムを使った
新築のお家の写真を見せてもらい
「耐摩いぶし銀」に決定しました。

その写真はやっぱり「茶色!」っていう感じの
日が当たるとけっこうホンワカ明るい色になっていたんです…。

いぶし銀なら
まだそこまで太陽の陽が当たっても明るくならないので
決定打はその写真ということになりました。

分かりにくいですがこんな色の感じです。
ガルバ外壁いぶし銀
日が当たるとけっこう明るいグレーになりますが
日が当たらない場合は黒っぽくなってくれます。

グレードが高いガルバリウムで
費用が高くつく結果になりました…。

まあガルバの性能機能はよくなるんですけどね。笑
ガルバリウム外壁サンプル見本
ガルバリウム耐摩いぶし銀
耐摩カラーいぶし銀

奥さんは
外観に費用はかけない!と言っていたのですが
あまりのボクの凹みように
仕方ないか…という感じでお許しがもらえました。。。。笑

 

Sponsored Links



*