オイルヒーターの処分方法について。廃棄はデロンギが回収?

オイルヒーターの処分方法って
どうするか気になりますよね。

オイルヒーターの中のオイルが
そのままで良いのか?

そもそも、「何ゴミ」になるのでしょうか?

デロンギが回収してくれる
という話もあり、
少し調べてみたいと思います。

SPONSORED LINK

オイルヒーターの処分と廃棄方法

By: jmettraux

オイルヒーターの
処分や廃棄方法ですが、
いくつか方法があります。

 

1.家庭ごみで捨てる

普通にごみとして捨てる方法です。

ただし、
オイルヒーターが何ゴミに該当するかは
ちゃんと調査しなければなりません。

ルール違反は不法投棄になります。

金属ゴミなのか、
粗大ゴミなのか
この辺りが明確になれば、
後は自治体のルールに従って捨てるだけです。

 

2.業者にお願いする

業者にお願いすれば、
お金はかかるものの
手っ取り早いのは間違いないです。

また、
業者がリサイクルショップなどであれば、
お金をいただける上で
捨てたい物がなくなることになります。

選択としては
リサイクルできれば
一番良い方法ではないでしょうか?

ただし、
もちろん「使えるもの」でなければ売れませんので、
まずは自分のオイルヒーターの
稼働状況を確認してみることが大切です。

他には
オークションで販売するなど様々な方法があります。

それぞれで
処分にお金をかけられる、
かけられない
と言った事情もあると思います。

条件を加味して、
何が一番良い方法が考えたいですね。

関連記事:「オイルヒーターの電気代は安い?」

 

デロンギのオイルヒーターは引き取ってくれる?

By: DigitPedia Gadgets

オイルヒーターで有名だと言えばデロンギです。

こんなCMもありますね。

【デロンギ オイルヒーターTVCM】

空気を汚さない
部屋が均一に暖かくなる
など、
デロンギのオイルヒーターには
様々なメリットがうたわれています。

小さいお子さんがいる家庭で使うにも向いていますので、
動画のようなCMを見て購入を決めた
という人も多いのではないかと思います。

このデロンギですが、

必要なくなったオイルヒーターを回収してくれます。

必要な経費は送料だけです。

まずはデロンギに電話をし、
回収して欲しい旨を伝えます。

後は
回収のための手続きが始まりますので、
一通りの手続きを終えると、
後日に取りに来てもらえます。

その場でオイルヒーターを渡せばOKなので、
これほど手間いらずなことはありませんよね。

間違いなく処分することが出来ますし、
費用も送料程度とそれほどかからないため、
オススメの処分方法の1つです。

オイルヒーターを処分したら
次はおしゃれなパネルヒーターがおすすめです。

 

大阪市では粗大ごみ?

By: jmettraux

オイルヒーター処分の取り扱いというのは、
自治体によって様々です。

僕が住んでいる金沢市は
「燃やさないゴミ」の金属ゴミに分類されるかと…。

でも「小型」っていう条件がありますが
大型になると粗大ごみで料金が発生します。

そんな中、以前に住んでいた大阪市を見てみると
オイルヒーターは
粗大ごみ扱いになっています。

オイルを抜いておけば、
大きさによって手数料が異なるものの処分してくれます。

ただし、
販売店やメーカーに相談して下さい
と書いてあるため、
出来れば、そっちで処分して欲しいというのが
本音なのかもしれませんね。

 
 

スポンサーリンク

*