外部収納は棚の高さだけ決める!モダンで階段下のデッドスペースに

外部収納も欲しいんです。

ってか、雪国には必要なんです。
必須な外部収納なんです。

外部収納に入れるものや
このおうちにできる外部収納をご紹介。

スポンサードリンク


外部収納は裏側に設置。

外部収納
この写真は新築お家の裏側。

ここの右下に設置してもらいました。
右下の四角いドアの部分です。

使い勝手としては
お家の正面からはけっこう距離があるので
それほどイイ!って程ではないでしょう。
外部収納
この外部収納は
折り返し階段の下のデッドスペースになっています。

折り返し階段の下なので
それほど大きなスペースではありません。

なんせ、高さが低いです。

1m20センチほどでしょうか。
高さはありません。

外部収納に入れるもの。

外部収納
外部収納に棚が1枚つきました。

外部収納って何を入れるのか?

ここ金沢では
雪が降り、積もります。

なのでクルマのタイヤ交換や雪かきスコップが必需品なんです。

これを入れる収納は
ゼッタイに必要ですし
外から直接出し入れできないとかなり不便に。

この外部収納には
そのクルマ二台分のタイヤ4つが入ります。

そして雪かきスコップは大きいのと普通サイズと
入れておかなければいけません。

あとは灯油のタンクかな。

主に冬になったら使うものが多いですね。

外部収納
外部収納にはカンタンな照明がついています。

頭の上にあるので
蛍光灯を割らないように気をつけなければいけません。

しょっちゅう使うところじゃないので
タイヤ交換の時はタイヤの出し入れがけっこう面倒になります。
正面の駐車スペースから距離あるので…。

でもこのときだけなので
ここはガマンしなくちゃいけません。

外部収納
外部収納については
特に内装部分はボクが決めたりしていません。

棚の取り付ける高さだけ決めて
内壁などはおまかせです。

棚の高さは
タイヤを縦に入れるか
横に入れるかで決まります。

縦方向に入れて
横並びにするカタチをとりました、ボク。

横に入れると高さが出ちゃうので
棚の上に置くものがかなり限られてくるかもと思ったので…。

果たしてこの決断が
上手くいくのか失敗なのか…。

ドキドキです。

外部収納
左官やさんが下の方を塗り塗りしていました。

このスペースは大事なところなので
どれだけ活躍してくれるのかが楽しみです。

スポンサーリンク

*