新築壁紙の選び方は内見会を参考に。クロスサンプル取寄せ

新築の壁紙選び。

これで悩まされる人って多いみたいですね。

もう決めるのがめんどくさくて
ハウスメーカーや工務店に任せるって人も多いって聞きます。

でもボクは自分で決めたいタイプなので
じっくりカタログを舐め回すように見てやるぞと思っていました。

まあ、イメージは最初からできていたので
すぐに決まるだろうと思っていました。

スポンサードリンク


新築の壁紙選び

サンゲツクロスファイン1000
工務店の営業さんが持ってこられたのは
サンゲツの壁紙カタログ、ファイン1000というものです。

いろいろと種類ありますが
機能性壁紙って以前テレビCMでよくやってたのですね。
鈴木福くん出演のCM。

汚れが落ちる、消臭機能や衝撃やキズに強いなど。

カタログ見てたらホント悩みますよね。

たくさんあり過ぎます。笑

これらの機能ってのも
実際にどうなのか、比較することもなかなかムズカシイと思うのですが
工務店の営業さんに聞くと
それはもう「参考程度」にしておいた方がいいとのこと。

実際にそんなに消臭できるか、
湿気のコントロールがびっくりするぐらいしてくれるのか
汚れがカンタンに落ちるのか
などというのはやっぱり参考程度に考えないといけないのですね。

機能で見ていくと
子供部屋だからキズに強くなくちゃいけないとか
トイレだから消臭機能があった方がいいとか
考えることが山ほどあります。

そうなると部屋ごとにクロスを変えなくちゃいけなくなります…。

でもボクの中ではすでにイメージは決まっていて
クロス壁紙はほとんど統一させるというもの。

色は白で。

その工務店の新築の内見会に行った時に
この壁紙はいいなーって思ったのがあったのですが

そこもまさにその壁紙だけで統一させていました。

それはキレーにまとまっていました。

クロスのカタログを預かった時に
まずはそこのサンプルを取り寄せて欲しいと伝えました。

そのクロスは
同じくサンゲツの「EBクロス」

EBクロスも汚れに強かったり
空気を汚さないとかキズに強いという機能を持っています。

しかし、内装屋さんが言うには
ファイン1000のクロスの機能性壁紙と
EBクロスの機能性はそれほど大きな差は感じないのだそーです。

しかし、EBクロスをネットで探して見てみると
なんだかスゴそうな壁紙みたいな気持ちになります。

http://www.sangetsu.co.jp/catalog/wall/

持ってこられたカタログがファイン1000なので
このEBクロス、値段が高くなるのかなーと思ったら
金額は一緒とのこと。

似たような壁紙はファイン1000にもあるけれど
やっぱりこのEBクロスのサンプルのようなものがいい。

それならこのEBクロスにするということで決定しました。

EBクロス
色は白で
表面はちょっとボコボコしています。

ウェブカタログでは同じ白でもいくつかあります。

EBクロスは種類が少なくて
よく出回っているクロスなのだそうです。

新築EBクロス

クロスを貼る時につける「ノリ」が時間が経つと表面に浮き出てくる場合があって
このように表面がちょっとボコボコしていたクロスの方が
その汚れが目立ちにくくて
目地もそれほど気にならないようになるそうです。

そういうことを教えてもらったら
こういうクロスにしないといけません。笑

実は和室もクロスだと思っていたボク。。。

和室の壁は「けいそうモダンコート」になるそうで
最初からそのような予算でつくってあったそうです。笑

このEBクロスは
和室以外の壁や天井(羽目板は除く)すべてに貼られることになります。
新築壁紙クロス

まだ下地の木材や
石膏ボードに囲まれた空間なので
このクロスが貼られてどんな感じになるのか
また楽しみです。

クロスもどこにどれを使うかって考えるのタイヘンだけど
考えたなりに出したクロスでどんな風になるのか
ちょっとドキドキしますね。

もうすぐかなー。
まだまだだろーな。笑

スポンサーリンク

*