団地 古くてもインテリアDIYでおしゃれに!キッチン収納がポイント!

古い団地だと、
どうしてもインテリアも古く、
オシャレとはかけ離れてしまってます。

でも、
そんな古い団地でも大丈夫なんです!

古いインテリアなら
DIYでオシャレに変えちゃいましょう。

築30~40年経過していたとしても、
自分で、DIYでインテリアを作っちゃえば
世界で一番住みやすい部屋に大変身。

古さを最大限に生かす方法もあるんです。

住みやすくなるポイントは、
ズバリ!キッチンの収納にあります。

DIYなんてまったく経験ない女性でも大丈夫。

そんなあなたでも簡単に出来て、
オシャレなDIYを紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

DIYで古い団地のインテリアを変える!その方法とは

By: mxmstryo

DIY女子なんていう言葉が
日常的に使われるようになっていますが、
古い団地を自分好みに変えるにはDIYが一番です。

DIYというと、
危険な工具を使って、材料買ってきて
と、しり込みする人もいますが、
難しいものばかりでは決してありません。

中には
100均で全て揃えて出来ちゃうものもあるんです。

でも、イメージが湧かなければ何もやる気もおきませんよね。

そこで、思わず何かやりたくなるようなDIYのイメージをお伝えします。

 

○ キッチン編

キッチンは女の城だなんていうのは、少し古臭い言い方ですが、
それでも、多くの家庭でキッチンをメインで使うのは女性ではないでしょうか。

だからこそ、キッチンはオシャレな空間にしたいですよね。

キッチンで行うDIYとしては、まずはがオススメです。

オシャレな棚を設置すれば、
利便性も上がり、よりキッチンが使いやすくなります。

例えば、コンロの脇などにちょっとしたスペースはないでしょうか。

ベニヤ板を買ってきて、組み合わせて棚にするだけでも十分です。

自分のお気に入りの色のペンキを買ってきて塗るだけでも、
ずいぶん、雰囲気変わりますよ。

アンティーク調が良い方は、
あえて木目を強調するなんていうのもアリです。

棚が出来た後は、
壁面をリメイクして全体の雰囲気を一新しましょう。

壁なんて勝手に変えられないという人でも安心して下さい。

リメイクシートという便利なシートを使えば、
壁を変えずに雰囲気だけ変えることが出来ます。

様々なデザインのリメイクシートが売られていますので、
まずはホームセンターで
好きなリメイクシートを購入しましょう。

それをキッチンの壁に張っていくことで、
あっという間に雰囲気を変えることが出来ます。

ちょっとガーリーなキッチン、
プロの厨房のようなキッチン、
アンティークなキッチンなどなど
自分好みにすれば、
キッチンで料理するのが楽しくなっちゃいますね。

棚を設置し、壁面を変えて雰囲気を変えたら、
続いてシンクのDIYです。

シンクそのものを変えることは難しいですが、
シンクについている扉にリメイクシートや、
思い切って扉を外しちゃうというのもありです。

扉を外した後は、
カーテンを取り付ければ、
ちょっとオシャレなキッチンの出来上がり。

また、シンクのDIYでは
水栓を変えるなんていうのも雰囲気が変わります。

水が出てくる場所ですが、
備え付けのものを変えて、
アンティークやちょっと変わったデザインの水栓など、
遊び心を出せるポイントです。

ここまで来たら、キッチンのDIYもあと一息です。

最後は
キッチンカウンターの雰囲気変えにチャレンジしてみましょう。

やれることは様々ありますが、
キッチンカウンターは大胆に変えてしまうより、
ちょっとした黒板を置いたり、
緑を置いたりと落ち着いた変化がオススメ。

特に黒板はカフェのようなスタイルにすることが出来るため、
全体的にアンティーク調やカフェのようにしたい人は必須のアイテムです。

100均などで簡単に手に入りますので、
ぜひ設置してみて下さいね。

 

 

○ リビング編

キッチンに続いては、
リビングもせっかくだからオシャレにDIYです。

リビングの場合は、
2DKや3DKの部屋のふすまなどを撤去してしまうことでも、
ガラっと雰囲気を変えることが出来ます。

今までどちらかと言えば、
少し狭い印象があったリビングも、
ふすまを外すことによって、
開放感のあるリビングへと変えることが出来ます。

また、リビングも
リメイクシートなどを使うことによって、
壁紙の雰囲気を変えることが出来ます。

それほど難しくなく出来るにも関わらず、
部屋全体の雰囲気を大きく変えられます。

このように古い団地であっても、
様々な工夫によって住みやすい家へと変えることが出来ます。

団地でも、
現状回帰出来ることを意識すれば、
DIYもまったく問題ありません。

壁紙などを変える場合は、
マスキングテープ両面テープを駆使しましょう。

心配な方は、
半年に一度張り替えるなどすると安心ですね。

ここまで来ると、
DIYをやってみたいなって思う方々も増えてきたのでは?

実際にチャレンジしてみる時は、
様々な事例を見ることをオススメします。

まずはいろんな事例に触れてみて、
その中で自分の技量と想いが釣り合うようなDIYに
チャレンジしてみると良いでしょう。


 

そこで、最後に
参考事例を見るのに
オススメのサイトをいくつか紹介します。

どちらもDIYをする時には、
一度は目を通して欲しいサイトです。

特にカリスマDIY主婦のブログについては、
これからDIYを始めようという人にとっては、
心強い言葉になると思います。

ぜひぜひチャレンジして、
素敵な自宅にしてみて下さいね。

 

ポイントはキッチン収納!

By: Freedom II Andres

色々と考えていると、
家の中のあっちもこっちもDIYしたくなります。

でも、まず始めるなら
キッチン収納から始めてみて下さい。

キッチンは女性が多く使うところだと言いましたが、
それ以外にも
いろんな物が溜まりやすい場所でもあります。

例えば、
調味料なんていうのは良い例で、
気付けばいつ使ったかも分からない調味料が、
棚の奥の方に転がっている
なんていうことは多くの人が経験しているはずです。

家族の健康を守る大切な場所でもありますので、
出来るだけ日頃から整理整頓には気を配りたいものです。

それを実現するためにも、
キッチン収納は
最初に手を付けるのにオススメの場所なんです。

収納に使う棚などが、
それほどDIYするのに難しくないというのもポイントです。

どこから始めようか迷ったら、
ぜひキッチン収納からチャレンジしてみて下さい。

キッチンが変われば
他のところもどんどん替えたくなるはずです!

 

古すぎて悩んでいる場合は…

By: Seika

団地が古すぎて、
どうして良いか分からない!

こういった方も恐らくいるのではないでしょうか。

今ではまったく見なくなった設計も、
昔の団地では当たり前のようなケースもあります。

でも、諦めずに、
まずは他の部屋の方々はどうしているか聞いてみましょう。

基本的に団地のデザインというのは、
どの部屋も共通となっていますので、
自分の家のデザインが古めかしいのであれば、
他の部屋のデザインも古めかしいはずです。

その中で、
他の部屋の方々はどのように工夫しているのか?

これを知るだけでも、
自分にひらめきを与えてくれる思わぬ材料になります。

知り合いの部屋を訪ねてみるなどして、
観察してみて下さい。

 

まとめ

By: mxmstryo

古い団地だからと言って、
オシャレに住めないなんていうことはありません。

今回、キッチンやリビングを中心に
DIYについて紹介しましたが、
洗面所やお風呂場などにもDIYでオシャレに出来る要素は詰まっています。

自分のアイディアさえあれば、
今日からでも住みやすくすることは可能です。

諦めるのではなく、
むしろ自分で作っていけるとポジティブに捉え、
世界で1つだけの自分好みの部屋にしてみたらどうでしょうか?

ハマると抜け出せない楽しさがありますよ。

 

 

 

Sponsored Links



*