駐車場1台分の広さ 一般的にどのくらい?寸法何㎡の規格とは

車を持っている人であれば、
普段、何げなく停めている駐車場。

ただ、実際に車を停めてみると、
広かったり狭かったりと様々ですよね。

実際、車1台分の駐車場というのは、
どの程度必要なんでしょうか?

今回は、
普段あまり気にすることがない駐車場について
解説してみたいと思います。

SPONSORED LINK

1台の駐車スペース

By: iwazer

駐車スペースに気を配るかどうかというのは、
自分がどれぐらいのサイズの車を乗っているかが大変重要ですね。

比較的、小さい部類に入る車(軽自動車など)であれば、
駐車スペースというのは、余裕あることがほとんどですので、
気になることは少ないでしょう。

反対に大きい車に乗っている人であれば、
駐車場が狭いと停めにくかったりするので、
とても気になります。

我が家には、ミニバンと軽自動車がありますが、
軽自動車の時は気にならないスペースも
ミニバンだと気になるっていうことはありますね。

特に都内の狭い駐車場だと、
やっとの思いで停めるなんていうこともザラにあったりします。

 

駐車場1台分 一般的にどのくらい?

では、一般的に車1台分の駐車場というのは、
大きさにしてどのぐらいになるのでしょうか?

目安としては、
幅が2.5m奥行が5m
というのが最低限となるようです。

コンビニなどは
このサイズで作られていることが多くなっています。

少し広い場所となると、
幅が3m、奥行きが5.5m
というところもあります。

これぐらいになると、広さも十分ですので、
少し大きい車でも
それほど苦労することなく停めることが出来ます。

また、駐車スペースで重要なのは、
両脇に引いてあるだったりします。

1本線の場合と2本線の場合がありますが、
2本線のほうが、
車同士のスペースが自然と保たれるため、
ドアをぶつけるなどのトラブルが起きにくくなっています。

このように駐車スペースを考える時は、
実際のスペースと
その両脇の白線がとても重要なのです。

 

土地があれば駐車場経営

駅前などで
「タイムズ」などの時間貸しの駐車場が増えてきていますが、
土地を駐車場経営に充てる人というのは増えています。

ただ土地を遊ばせておくぐらいであれば、
初期投資もそれほど多くなく、
場所が良ければ
定期収入が安定的に見込める駐車場経営は、
とても便利です。

また、予算に合わせて
大小様々行うことが出来ますので、
これも多くの人が始める理由の1つだと思います。

ある程度は「場所」で
収入が見込めるかどうかは決まってしまいますが、
見込みのある場所であって、
土地を遊ばせておくぐらいであれば、
検討の余地は、十分にあるかと思います。
 

 

 

 

スポンサーリンク

*