平屋を建てる費用はいくら抑えられる?低価格で建てる工夫とは。

家を建てる時、

平屋にするか
2階建て、3階建てにするか

って
悩みどころですよね。

そーでもないか??笑

でもこれは当然
持っている土地の面積や費用によって
状況は大きく変わります。

ただ、建物だけで考えれば、
平屋はやっぱり「安いイメージ」がありますよね。

平屋なら
トータルで見た時に費用を抑える工夫なんかもあるんです。

そこで、今回は、
平屋を建てる時の費用について
あれこれ解説しちゃいます。

SPONSORED LINK

平屋の魅力

By: 準建築人手札網站 Forgemind ArchiMedia

人々は、なぜ平屋を選ぶのでしょうか?

家を建てたけれど、
始めから2階建や3階建て
と決めていた人にはちょっと理解しがたいかもしれません。

でも、平屋には魅力がいっぱいなんです。

例えば、移動が楽。

上に上ったり、下に下りたりということがありません。

実はこれってとっても魅力的です。

私も平屋で生活していた時は、
移動がとても楽でした。

今は2階建の家に住んでいますが、
寝室が2階だということもあって、
寝る前は上がるわけですが、
平屋に慣れているとこれが結構苦痛だったりします。

他にも、
構造的に危険が少ない点や、
メンテナンスが簡単に出来ること、
冷暖房費の節約になる
なども上げられます。

そして、
建てる時に費用を安くすることも出来ます。

ただし、
広い土地に大きな平屋だと
基礎工事に結構大きな費用がかかります。

でも
平屋には魅力が豊富であるため、
多くの人が家を建てる時に平屋を検討するわけです。

 

平屋を建てる費用はどれだけ安くなる?

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)

平屋を建てる時、
費用は2階建を建てるのに比べて
どれだけ安くなるのでしょうか?

建屋の仕様によっても異なりますので、
一概には言えないのですが、
坪単価で考えると5万円程度は安くなります。

あくまで目安ですが、
これだけ安くなれば総額としては、
かなり大きな額となってきますよね。

後は単純に
何坪の家を建てるかによって、
削減効果というのが大きくなってくるわけです。

ただ、
平屋の場合は土地がそれだけ必要になるのでは?
と思った人も多いはず。

確かに、平屋の場合、
それだけ大きな土地が必要になります。

そのため、
結果として2階建よりも高くなってしまう
と考える人もいますが、
ケースバイケースではあり、
高くならないことが多々あります。

土地をたくさん買う場合、
坪単価が安くなるためです。

家を建てる時、
重要なのは、土地代+建屋代であり、
建屋代を抑えることが出来れば、
それだけ土地をたくさん買えることになります。

総額や建屋代を抑えようと考える場合、
平屋建てというのは、
検討の余地がある選択肢なのです。

 

低価格で新築する工夫とは

By: Takeshi KOUNO

平屋建てが2階建に比べて安くなる
という説明はしましたが、
より安くするための工夫をすることで、
更に低価格で新築することが出来ます。

そのための工夫としてあげられるのは、
構造的にシンプルな建屋にすることです。

せっかくの平屋でも形が複雑だったり、
中の部屋割が複雑だったりすると、
どうしても費用がかかってしまいます。

逆にシンプルであれば、
構造も分かりやすく、
設計にも手間が必要ないために
低価格に抑えることが出来るのです。

基本的な考え方としては、
建屋全体の形は四角形が理想です。

また、
水回りを出来るだけ近くに固める
なんていうのも工夫の1つです。

水回りがあっちこっちにあると、
水の配管や電気の配管があちらこちらに必要になります。

それを出来るだけ近くにまとめることで、
工事としても費用が低価格で済みます。

こういった工夫をすることで、
2階建に比べれば安い平屋建てが、
より低価格で新築出来るようになります。

 

 

 

Sponsored Links



*