蓄熱式床暖房の費用いくら?価格は欠点?メリットとデメリット

親戚のお家が
蓄熱式暖房を使ってだいぶ経ってます。
かなり気に入ってるみたいです。

価格が欠点だとか言われていますが、
そんなことないと思いますよ。

冬はこれがなければ、辛いくらいです。

蓄熱式床暖房を使ってるのを見て
感じたメリットとデメリットを紹介します。

SPONSORED LINK

蓄熱式床暖房のしくみ

By: Jonas Bengtsson

暖房器具としては、
あまり聞きなれないのが蓄熱式床暖房だと思います。

これは床暖房の一種なのですが、
蓄熱式と付いているのがポイントです。

通常の床暖房と聞くと、
電気で床を温めるものを想像するかと思いますが、
蓄熱式も基本的には一緒です。

ただ、蓄熱式の場合は、
電気で床を温めるのは夜間に行われます。

夜間の電気代が安いタイミングで床を温め、
昼間は蓄熱した熱を使います。

そのため、
昼間は、基本的に電気は入りません。

これが蓄熱式床暖房の仕組みです。

夜間電力を使用するため、
経済的な暖房器具と言えるかと思います。

 

蓄熱式床暖房にかかる費用

By: grantlairdjr

蓄熱式床暖房にかかる費用。

かなり気になるものではないかと思いますが、
まず導入するための価格ですね。

これは蓄熱材やコントローラーなどもろもろの設備が必要となりまして、
おおよそですが、40~80万円ぐらい必要となります。

設備のグレードや設置面積によるところがありますが、
それなりにかかると考えておいたほうが良いです。

そして、大切なのが、
設置のための費用、運転にかかる費用以外にも、
メンテナンスなどにかかる維持費です。

蓄熱式床暖房は、
床下に蓄熱材を入れることになりますが、
この蓄熱材が消耗品となるために、
交換などが必要です。

それほどの交換回数が必要になるわけではありませんが、
メンテナンスの場合には、
数万ぐらいは覚悟しておいたほうが良いでしょう。
(もちろん、もっと安くあがるケースもあります。)

 

欠点あるの?メリットとデメリット

By: Mike_Sheard

蓄熱式床暖房ですが、
メリットもあればデメリットもあります。

メリットとしては、
ランニングコストが安いことが上げられます。

電気代が安い深夜を狙って温めますので、
昼間、同じように温めるのに比べれば、かなり安上がりです。

また、熱源として必要なのは電気ですので、
安全性が高いのもメリットにあげることが出来ます。

小さいお子様などが居ても安心です。

反対にデメリットとしては、
初期費用が高いことがあげられます。

設備として導入しなければならないため、
その際にはまとまったお金が必要になります。

また、
蓄熱式床暖房は細かい温度調整は出来ません。

あくまで蓄熱された熱を使うために、
タイマーなどを上手く使わないと、
暑かったり、寒かったりということになります。

メリット、デメリットともに様々ありますが、
使い方を上手くすれば非常に便利なのは間違いありません。

ぜひぜひ導入を検討してみて下さい。

 

 

 

Sponsored Links



*