1000万で家を建てる低コスト住宅の問題点とメーカーについて

人生の中で
大きな買い物の1つであるのが住宅です。

かつては、
サラリーマンの夢と言えば住宅でした。

そんな夢を

ローコストならと興味がある人も結構多いみたいです。

CMなども盛んにやっていますしね。

そこで、
低コスト住宅のことと
問題点やメーカーについて
思う事を少し書き綴りたいと思います。

SPONSORED LINK

1,000万で家を建てたい

ローコスト住宅
1,000万で家を建てたい!!

正直、無理ではありませんが、
かなり厳しい数字ではあります。

それでも、
CMなのでは数百万なんていうのも出ていたりするので、
1,000万で建てられるならと思う人もいるでしょう。

実際のところ、
まったく無理かと言えば、
決してそんなことはありません。

ようは安い会社を選んで、
それほどこだわりをかけなければ、
1,000万もあれば十分だったりもします。

一番のポイントは
どこの会社で家を建てるかで、
これによって費用は大きく違ってきます。

 

低コスト住宅(ローコスト住宅)とは

低コスト住宅
低コスト住宅っていうのは、
早い話、安い住宅です。

勘違いしないで欲しいのは、
安いのと質が悪いというのはです。

安くても
しっかりと良い家を建ててくれる業者さんもいますので
安心して下さい。

例えばこれを見て下さい。

【税込1,250万円の家】

ここで紹介されている家は
1,250万円です。

こういった動画を見ると
具体的なイメージが湧きますよね。

もちろん
こういった動画だけでは良いも悪いも分かりませんが、
少なくても単なる平屋とかそういったことではないのだけは、
おわかり頂けると思います。

 

低コスト住宅の問題点

問題点は
低コスト住宅に問題点がないかと言えば、
そんなこともありません。

低コストなだけに
注意しないといけないポイントもあります。

・企画された住宅が多い
・全国どこでもには対応していない
・質に良しあしがある
・法の規制がギリギリとなっている
・アフターサービスが少ない

このような問題点が浮き彫りになることがあります。

どうしても低コストであるため、
ギリギリの設計になってしまっていることがほとんどです。

それを始めの段階から了承していなければ、
低コスト住宅で家を建てるのは止めたほうが良いでしょう。

 

ローコスト住宅メーカーは?

世の中には様々なローコストメーカーがありますが、
いくつか代表的なメーカーを紹介します。

・アイフルホーム
・タマホーム
・アキュラホーム
・クレバリーホーム
・ユニバーサルホーム

どれも一度や二度は
名前を聞いたことがあるところばかりだと思いますが、
こういったメーカーで
ローコスト住宅を宣伝にして手掛けています。

また、
地域の工務店などでも
相談に乗ってもらえることもあります。

大々的なCMを打っているほうが安心しますが、
それはそこにコストがかかっていることを指し示します。

本当に住宅だけにお金をかけたいのであれば、
あまりCMなどを打っていない地元の工務店などのほうが
良いことも少なくありません。

 

 

スポンサーリンク

*