お風呂場掃除で鏡についた水垢を落とす!クエン酸や酢で綺麗に?

お風呂場掃除と言うと、

浴槽ばかりに目がいっていました。

だけど、
いざお風呂に入って見渡してみると、
いろんなところに汚れがあるんですよね。

その中でも
鏡に水垢がベッタリついていた時はショックでした。

そこで、
綺麗に掃除するための良い方法を調べてみました。

クエン酸などを使うことで、
簡単に綺麗に出来るんですね。

SPONSORED LINK

なぜお風呂の鏡に水垢汚れが?

web内覧会お風呂内装
お風呂に入って何気なく見る鏡ですが、
曇っていて見えないな~
なんて思っていたのですが、
よくよく見ると水垢で汚れていただけでした・・・

今まで何で気づかなかったんだろう
って感じですが、
そもそも
どうしてお風呂の鏡には水垢汚れが付くのでしょう?

これは
水に含まれる金属イオンが関係しており、
鏡に付着した水が蒸発すると、
中に含まれている金属イオンが、汚れとなって残るのです。

お風呂場で水を使わないというのは難しいことです。

そして、
お風呂から上がり、洗った後は、
浴室を乾燥させることになります。

この時、鏡に水滴が残っていると、
それが蒸発し、
金属イオンが水垢となるというわけですね。

 

綺麗に仕上げる鏡の水垢掃除方法

鏡に水垢が出来る原因が分かったところで、
綺麗に仕上げる掃除方法ですが、

これにはクエン酸お酢が有効です。

水垢の汚れはアルカリ性の汚れになりますので、
こういった酸性のものというのが効果的なのです。

具体的な掃除方法としては、

ガーゼにクエン酸溶液やお酢を染み込ませ、
汚れに直接貼り付けます。

そのまま、半日も放置しておけば、
ガンコな水垢の汚れもピカピカになります。

ポイントとしては、
ガーゼの上からサランラップを張る
と良いです。

そうすることで、
ガーゼに染み込ませた、クエン酸溶液や、お酢が
飛びにくくなります。

また、鏡にガーゼを張り付けると、
重力で自然と下がってきてしまうかと思います。

それもサランラップを用いると、
これも防ぐことが出来ますので、
しっかりと密着させてあげましょう。

 

まとめ

お風呂場の鏡の水垢の汚れは
水に含まれる金属イオンが原因であり、
アルカリ性の汚れとなります。

そのため
クエン酸やお酢などの酸性のものが効果的となり、
ガーゼなどに染み込ませて汚れに張り付けることで
綺麗に落とすことが出来ます。

汚れを未然に防ぐ方法としては、
浴室の乾燥を行う際、
鏡に水滴が残らないようにすることです。

そうすることで、
金属イオンが残ることもありませんので、
水垢汚れを防ぐことが出来ます。

 

関連記事:「お風呂の天井のカビをキレイにする掃除方法」
関連記事:「お風呂の床、黒ずみを掃除するにはこの方方法で」
 

 

スポンサーリンク

*