頑固な換気扇の掃除は重曹で!おすすめ洗剤で更にキレイに!

頑固な汚れも様々ですが、
換気扇はまさに頑固な汚れの塊
と言えるでしょう。

落ちない油に悪戦苦闘
という人も多いはずです。

そんな換気扇の掃除にオススメなのが重曹です。

重曹があれば
ほとんどのものはピカピカになります。

また、他にもおすすめ洗剤がありますので、
それらを使ってキレイに仕上げてみて下さい。

SPONSORED LINK

ガンコな換気扇の汚れ

By: heniha

「すごく手間」

ガンコな換気扇の汚れには
この表現がピッタリだと思います。

どうしてこんなに汚れるのかと思うほどで、
気がつくと
油でベットベトっていう状態になっちゃってます。

しかも、換気扇って年末の大掃除でしか掃除しない
という人も少なくありません。

なので、毎年、
1年分の汚れと格闘することになります。

それはすごい手間ですよね・・・

でも、ここでサボると、
更に汚れが蓄積することになるので、
どうしてもやらなきゃいけないということになるんです。

 

重曹での掃除が効果的?

ガンコな換気扇の汚れですが、
そのほとんどは油汚れになるかと思います。

料理をした時などに
飛んだりした油が蓄積したものになるわけですが、
この油汚れさえ何とかすれば、
換気扇の掃除なんて驚くほど簡単になります。

そして、
そういった換気扇の掃除の時に役に立つのが重曹です。

重曹は
油汚れには抜群の効果を発揮する優れものです。

こういった形でも紹介されています。

【ベトベト換気扇の掃除は重曹とセスキ炭酸ソーダで】

酷く汚れた換気扇の
掃除方法が紹介されています。

動画では
重曹を振り掛けて磨くというシンプルな方法ですが、
あっという間に汚れが落ちています。

これが重曹の力ということになります。

ただ、全てが落ちるというわけではなく、
どうしても残ってしまう部分があるので、
そういった場所はセスキソーダを使っています。

 

掃除方法

基本的には
先ほど動画でも紹介したように、
重曹をつけてごしごし磨くというのも効果的です。

ただし、
漬け置きをするとさらに楽に汚れが落ちます。

お湯に洗剤を入れて、
漬け置きをします。

漬け置きした後に、
水だけでキレイになるスポンジなどで磨くと、
驚くほど簡単に汚れが落ちてピカピカになります。

漬け置き出来ない場合は、洗剤をしみこませたティッシュなどを、
直接汚れている部分に張り付けておくのも効果的です。

漬け置きの時間については、
汚れの程度で10~30分もあれば、
十分ではないかと思います。

この漬け置きする際に
オススメなのが下記の洗剤です。

・マジックリン
・マイペット
・重曹
・ルック

それぞれに種類があったりしますが、
特に油汚れに効果的なものはオススメです。

それらを上手に使って漬け置きすることで、
換気扇もピカピカになるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

*