住宅税っていくらかかる?控除や減税の方法とは

住宅税っていうのは、
一体、どのくらいかかるのでしょうか?

出来るなら
税金は安く収めたいですよね。

控除や減税というのもあるのかどうなのか・・・

住宅税について色々と調べてみました。

SPONSORED LINK

住宅税とはいろんな税金をまとめたもの

住宅税
住宅を購入したり、
保有したりすると税金がかかります。

この住宅に関するいろいろな税金をまとめて、
「住宅税」と呼んだりします。

そのため、
住宅税という税金があるわけではなくて、
住宅税というのは、
いくつかの税金をまとめた呼び方です。

そのまとめ方が
住宅に関する税金というわけです。

この住宅税ですが、
いくつか例を上げると下のようなものがあります。

購入時
 ・印紙税
 ・消費税
 ・登録免許税
 ・不動産取得税

これらの税金は購入時にかかるものですが、
基本的には
購入の際に1度しかかかりません。

それに対して、
下の税金は住宅を保有している間、
ずっとかかり続けるものとなります。

保有時
 ・固定資産税
 ・都市計画税

たくさんの固定資産を持っていればいるだけ、
税金がかかることになりますので、
山などの土地がたくさんあるような資産がある場合、
固定資産税はそれだけ大きくなるということです。

 

住宅税は総額いくらになるのか

住宅税総額
気になる住宅税ですが、
総額でいくらぐらいになるのか?

購入時にかかる税金については、
購入するもの次第
というところが大きいです。

また、
保有時にかかるものも同様に、
どのくらいの資産となるか
によって大きく違ってきます。

ただ、目安としては、
固定資産税としては、
年間で20万円ぐらいが目安で、
平均的な数値となっています。

土地や住宅を購入する際は、
この住宅税がいくらになるのかというのも、
よくよく注目しておかなければならない大事なポイントです。

 

減税ってある?

住宅減税
「住宅税の減税制度」っていうものがあり、
これを使うことによって
税金を減らすことが出来ます。

例えば、
長期優良住宅免震対策バリアフリー住宅など、
自治体ごとにそれぞれの条件があります。

これらの条件を満たすことにより、
減税の制度を受けることが出来るほか、
駐車場等であれば、こういったやり方もあります。

【固定資産税を安くする方法】

これは
「駐車場の扱いによって、税金の計算が変わる例」
を紹介しています。

こういった形で同じ場所であっても、
用途の違いによって
算出方法が違ってくるケースもあります。

 

控除について知りたい

控除について
税金の控除というのは、
税金の算出に使う金額から
一定の額を減らした上で計算することです。

こうすることによって、
支払う税金を減らすことが出来ます。

現在
医療費控除など様々な控除がありますが、
住宅の場合も
控除が出来るケースがあります。

ただし、
固定資産税などは、算出方法が異なることもあり、
控除制度はないので、注意が必要です。

 

 

Sponsored Links



*