クエン酸を使った掃除の効果がスゴい!使い方と注意点

掃除の時によく使われるクエン酸。

その効果というのはどういったものになるのでしょうか?

効果的に掃除で使うにはどのような使い方をすれば良いのか?

また、注意点はないのか?

こういったクエン酸を掃除で使う際の気になることを
調べてまみましたので
この記事で紹介していきたいと思います。

クエン酸について知って、
掃除に使って家の中をピカピカにしていきたいですね。

SPONSORED LINK

クエン酸とは?

クエン酸の果物
クエン酸は、すっぱい成分です。

クエン酸が含まれているのは
みかんレモングレープフルーツといった食品ですので、
とっても身近な成分となっています。

これらの食品のすっぱい成分がクエン酸になります。

もう少し専門的な説明をすると、
クエン酸は有機化合物の一種であり、
ヒドロキシ酸となります。

 

クエン酸を掃除で使う

クエン酸を掃除で使う際ですが、
どこに使うのか?

どういった効果があるのか?

それらの疑問にお答えするために、
まずは動画をご覧ください。

【暮らしのクエン酸の使い方(クエン酸と重曹の違い)】

動画は
クエン酸と重曹の違いを説明したものですが、
クエン酸の効果が非常に分かりやすく解説してあります。

クエン酸は酸性成分ですので、
アルカリ成分の汚れに効果的です。

そして、
アルカリ成分の汚れというのが、
動画でも紹介されているような
水アカであったり、
生ゴミやトイレの悪臭となります。

こういったところのお掃除に
クエン酸を使うことで、
綺麗にお掃除をすることが可能となります。

 

クエン酸の効果とは

クエン酸で掃除
アルカリ成分の汚れに
クエン酸での掃除が効果的だと説明しましたが

クエン酸で掃除をすると以下のような効果が得られます。

・消臭効果
・抗菌効果

悪臭に効果的なクエン酸ですが、
消臭効果がまさにその効果であり、
嫌な臭いを防いでくれます。

トイレキッチンの臭いが気になるという場合は、
クエン酸でのお掃除が非常に効果的です。

また、抗菌効果もクエン酸にはあります。

そのためまな板のお掃除にクエン酸は非常に便利です。

クエン酸で掃除することで、
料理の時も安心して調理することが出来るようになります。

 

クエン酸の使い方や注意点

クエン酸でまな板
掃除には非常に便利なクエン酸ですが、
使い方や使う際の注意点もあります。

まずは、
掃除の際の使い方ですが、

これはクエン酸を買ってきて、
水で溶かして2%ぐらいのクエン酸溶液を作りましょう。

そして、
そのクエン酸溶液を
スプレーで掃除をしたい個所にかけて掃除するという使い方でOKです。

汚れが頑固な時は
もう少しクエン酸濃度を濃くしても良いかもしれません。

そして、注意ですが、
アルカリ性の洗剤と混ぜてはNGです。

アルカリ性の洗剤と混ぜた場合、
有毒ガスが発生する可能性がありますので、
この点だけには注意してください。

Sponsored Links



*